\ フォローしてね /

空気と温度がキモ!美味しい紅茶の淹れ方

紅茶の正しい淹れ方って意外と知らなかったりしますよね。ここでは安い茶葉でも香りの立つ、紅茶の正しい基本的な淹れ方を紹介します。

やかんにティーポットとリーフを使うのは初心者には難しいので、ここでは簡単に電気ケトルにティーバッグとマグカップを使って1人分を淹れてみましょう。

用意するもの(1人分)

  • ティーバッグ…1個(ここではセイロンを使います)
  • 水…500ml
  • マグカップ…1個
  • 電気ケトル
  • ラップ

おいしい紅茶を淹れる方法

STEP1:お湯を沸かす

まず電気ケトルに水道から水を汲みます。ここでのポイントが、なるべく高くからジャーッと勢いよく汲むことです。汲んだら電気ケトルのスイッチを入れてお湯を沸かします。

紅茶の香りには水の硬度はそれほど関係ありません。大事なのは含まれている空気の量です。紅茶は使うお湯に多くの空気が溶け込んでいるほど茶葉がよくジャンピングし、香りが立ちます。
電気ケトルの便利なところは、しっかり沸騰した(湯が100℃になった)瞬間に電源が切れるので、沸騰のタイミングがはっきりわかるところです。

STEP2:マグカップをあたためる

沸いたお湯の半量をマグカップに注ぎ、あたためます。この間にティーバッグの封を切って準備しておきましょう。カップがあたたまったら、マグカップに入っているあたため用のお湯を捨てます。

ティーバッグの封は使う直前に開けましょう。開けてから長時間放置すると香りが飛んでしまいます。

STEP3:マグカップにお湯を注ぐ

お湯が半量残った電気ケトルに再び電源を入れ、お湯を沸かし直します。その間にティーバッグをカップに投入し、電気ケトルの電源が切れたら超特急で熱湯をなるべく高いところから勢いよくカップに注ぎます。

お湯を沸かし直したり、急いで行動するのは、なるべく100℃の熱湯を使うためです。紅茶は絶対に100℃で淹れる!覚えておきましょう。
お湯を高いところから勢いよく注ぐのは、STEP1でも書いたように、お湯に空気を含ませて茶葉をジャンピングさせるためです。紅茶はお湯の中の空気が大事!これも覚えておきましょう。

STEP4:蒸らす

注いだらすぐにラップでフタをし、ティーバッグのパッケージ指定の時間だけ抽出します。抽出できたらティーバッグを2,3回ゆすってから取り出します。雫は自然に切れるまでしばしカップの上で待ちましょう。これでできあがりです。

上手に紅茶を淹れるコツ

なるべくたくさんの空気を含ませたお湯で淹れる

先述している通り、お湯には多くの空気を含ませましょう。

そのために、必ずジャーっと音を立てて汲んだばかりのフレッシュな水道水を使いましょう。浄水器を使ってもかまいませんが、濾したてのものを使いましょう。どうしても汲み置きの場合は、泡立て機などでガシャガシャとかき混ぜ空気を含ませてもOKです。

絶対に100℃のお湯で淹れる

先述のとおり、紅茶は「絶対に100℃の(カンカンに沸騰したばかりの)熱湯で淹れる」を覚えておきましょう。紅茶の茶葉は100℃(普通の地上で水が沸騰する最高の温度)が最もよく開き、香りが立つからです。STEPのすべてを、カンカンに沸騰したばかりの熱湯を使うことに留意して進めましょう。

おわりに

上記のコツを守れば、安い茶葉でもかなりの香りが楽しめます。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。