\ フォローしてね /

レモン風味で春らしく爽やかに!ソラマメのパスタを作る方法

パスタは日ごろよく作るのですが、今回はソラマメを使った春らしくさわやかなパスタをご紹介します。

材料(2人分)

材料

  • 冷凍ソラマメ 100g
  • スパゲッティー 160g
  • にんにく 1片
  • バター 20g
  • ポッカレモン(レモン汁) 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 20g
  • ドライパセリ(生パセリでもOK) 少々

道具

  • 深鍋(お湯の量が多いので両手で持てるもののほうが便利です)
  • トング
  • フライパン
  • レードル(おたま)

作り方(調理時間:約30分)

STEP1:ソラマメを電子レンジにかける

冷凍ソラマメを電子レンジにかけます。時間は袋に明記してある時間を参考にしてください。電子レンジがおわったら皮をむいておきます。

レンジからかけおわってすぐは熱いので皮を剥くときはやけどに注意しましょう。
お湯を沸かすのは時間がかかります。はじめに、深鍋に2リットルの水を入れて分量の塩を入れて溶かしてから火にかけておきましょう。塩の量は茹でるお湯の量の1%です。

STEP2:にんにくをつぶす

香り付けをするのでにんにくをつぶしてつかいます。皮をむいてから半分にきり、芽の部分をとっておきます。

にんにくの真ん中にあるのが芽です。

芽を取り除くとこのような状態になります。

まな板と包丁の背の間ににんにくをはさみ、その上をぐっと手で押しつぶします。

包丁の刃の部分を触ってしまうと怪我をしてしまうので刃はさわらないように気をつけてください。

このようににんにくをつぶすことができます。

ビンでつぶす場合

半分に切り芽を取り除いたにんにくにラップをかけます。

その上にビンを置きます。

グッと押すとこのようにつぶすことができます。

ビンでつぶしても同じようにできます。

こちらの方法のほうが包丁を使うよりも安全につぶせます。

STEP3:パスタを茹ではじめる

お湯が沸騰してきたらパスタを一気にいれます。30秒くらいで先につかっている部分が柔らかくなるのでお湯から出ている部分もトングを使って中に入れてください。

無理に入れるとパスタが折れてしまうので、硬くて曲がらない場合はもう少し待ってください。
パスタを入れた状態でふたをするとふきこぼれてしまいます。
茹でる時間は表記されているものから-1分して茹で上げてください。(そのあとフライパンでも火を通すのでゆでる時間を短くします)

STEP4:オリーブオイルを火にかける

フライパンに分量のオリーブオイルとにんにくをいれてから弱めの中火にかけます。こうして、にんにくの香りをオリーブオイルにうつします。2~3分ほど炒めて色づいたらフライパンからにんにくをとりだします。

強火にかけてしまうと香りをうつす前にすぐににんにくが焦げてしまいます。

STEP5:バターとソラマメとパスタの茹で汁を入れる

STEP4のフライパンにバターとソラマメをいれます。バターが少し溶けたところでパスタの茹で汁をレードル1杯(大体80mlくらい)ほど入れます。

フライパンをゆすりながら、ソラマメをつぶさないようによく混ぜてください。

バターとソラマメを入れてから茹で汁を入れてください。先に茹で汁から入れてしまうと油がはねて大変危険です!
よく混ぜることで茹で汁とオリーブオイルが混ざり乳化しておいしいソースになります。

STEP5:茹で上がったパスタを入れる

茹で上がったパスタのお湯をきり、一気にフライパンに入れます。ソースを手早く全体に絡めます。

STEP6:ポッカレモンを入れる

ソースが全体に絡まったらポッカレモンをいれてさっと混ぜ合わせたら火を止めます。

お皿にもったら最後にドライパセリを少量振り掛けます。

上手に作るためのポイント

パスタを茹でる前にソラマメの皮は剥いておき、にんにくもつぶしておいたほうがスムーズに調理できます。

さいごに

レモンの風味のさっぱりとしたパスタです。ソラマメの味もしっかりと味わえるのでどうぞおためしあれ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。