\ フォローしてね /

衣替えも楽になる!衣装ケースの整理方法

筆者宅では奥行きの深い衣装ケースをクローゼットに入れて衣服収納として使っています。奥行きを有効利用できる衣装ケースは、深すぎても奥の方が使いにくく、手前の服ばかり着るようになってしまうので、これを解消する方法をご紹介します。

筆者のクローゼット

クローゼットのポールに上着や羽織りものをハンガーにかけて吊るし、下に衣装ケースを積んでいます。吊るすタイプのシャツケースにシャツ、ハンカチなど小物、帽子類、リネン類をオープンに入れて、一度に見渡せるようにしています。

トップスは折って衣装ケースにぎゅうぎゅうに入れているので、シワが気になるシャツはハンガーで吊るすか、きちんと畳んでシャツケースに入れています。

衣装ケースを整理するコツ

1:ケースのジャンルは大まかに分ける

色別、カジュアル、春秋用など細かいジャンル分けにすると、どっちに分けるか悩んだり、そのうち分けるのが面倒になってしまうので、トップス、ボトムス、インナーなどざっくりとした分け方にしています。

筆者はTシャツやタオル、ジム用の水着などのスポーツグッズが多いので、それ専用にケースをつくっています。エクササイズの時はここを開けるだけで準備完了です。

2:奥1/3をオフシーズン用に

奥行きが深い衣装ケースをストレス無く使えるのは手前3分の2ほどなので、奥3分の1を同アイテムのオフシーズン用スペースにしています。

上の写真は秋冬の場合です。手前に長袖Tシャツ類、真ん中にトレーナーなど上に着るもの、奥に半袖シャツ類を入れています。

靴下のケースも、真冬用の分厚い靴下を奥の方に収めています。衣替えも位置を変えるだけなので楽です。

衣替えのあとの季節外れの気温のときなど、同じトップスのケースで半袖と長袖が見渡せるので便利です。

3:冬小物は専用に一つ

ニット、マフラー、あったかインナーなど真冬にしか着ないアイテムはかさばるので、一つのケースをそれ専用にしています。真冬のシーズン時も細かく分けることはしないで、まず着る服を決め、今日は寒いのであったかアイテムのケースを開けるというように使います。

注意点

この分け方と入れ方にして、自分が持っている服の量が一目瞭然になり、余計なものを買わなくて済み、衣替えも楽になりました。人によって持っている服の量は違うので、たくさん持っているアイテムに多くスペースをあてるのがいいでしょう。

おわりに

服を細かく分けたり専用の仕切りを使わなくても、ざっくりとした整理方法でも充分使いやすいクローゼットになります。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。