\ フォローしてね /

子どもから始める将棋の上達方法

このライフレシピのもくじたたむ

今年のお正月から将棋に関心を持ち始めた5歳の息子に、実際に将棋を教えながら、本将棋が指せるようになるまでを実際の記録としてご紹介します。現在は毎朝、家で一局指してから幼稚園に通っています。

将棋を覚えて続けさせるポイント

ポイント1:まずは遊びから

今年の正月に実家で親戚同士が集まったところ、中学生の子ども達が将棋を指し始めました。まだ覚え立てのへぼ将棋です。それを見ていて「僕もやりたい」と言い始めた5歳の息子。まずは回り将棋、将棋崩しなどで数日過ごすことに。

ポイント2:将棋の駒の動かし方と価値を覚える

将棋を指したいという気持ちが変わらないので、本格的に教えてみることに。まずは駒の動かし方と駒の価値を覚えさせました。価値は、王様は100円。飛車は80円。角は70円。といった感じで。

ポイント3:公文式の歩無し将棋で将棋の楽しさを

公文式の将棋セットを買って、まずは歩無し将棋から。歩が無いことで戦略も何もなくなるので、取った取られた、王手、王手と結構楽しく子どもには将棋ができます。相手をする大人はかなりつまらないですが…。

このルールでとにかく勝たせてあげて、おもしろいと思わせます。勝負時間も一局が短いので、短時間に何回もできて、子どもとしても飽きないゲーム形式です。これを繰り返すうちに「歩があるともっとおもしろいよ」とささやき、本格的な将棋に持ち込みました。

ただ、初めのころは、歩無し将棋と交互に行ったり来たりを繰り返していました。

ポイント4:まずは棋譜をなぞることから

実際の棋譜にそって、なぞることからはじめました。つまり勝ち手が分かっているので、息子には勝つ方の差し手を担当させました。7六歩、3四歩…といった具合です。これがおもしろいのは、子どもの記憶力はすごいもので、定石を自然に覚えるといったおまけがつきました。

ポイント5:定石の意味など、理屈をあとから教える

角の頭は弱いから、7八金で守ると簡単だとか、振り飛車の時は、相手が居飛車で8五歩と突いてきたら必ず7七角とあがらないと、こうなってしまうとか、あとで理屈を教えました。

その方法をおすすめする理由

今回は対象を「子ども」ということで書きました。子どもの場合は、楽しくないと興味を覚えませんし、続きません。棋譜をなぞってプロになった気分を味わいながらと言った感じで、早く上手になりたいという気持ちを大切にしてあげましょう。理屈はあとからわかればいいのです。

そして何よりもオススメの理由として挙げたいのは、親とコミュニケーションできるということです。これが一番の理由でしょうか。子どもが将棋を学ぶために・将棋で遊ぶためにパパを必要としてくれる、すごくうれしいことです。

また、ネットで学ぶのと違い、はじめるときに「お願いします」、負けたときは「負けました」、そして最後にお互いに「ありがとうございました」という、挨拶や礼儀も家庭で遊びながら教えられるというのも将棋のいいところですね。

おわりに

現在は名人戦の書籍や、新聞の将棋欄をスクラップした棋譜をお手本に、毎日、棋譜をなぞって将棋をしたり、詰め将棋をしたりしています。先日は小学5年生の子と勝負をさせてみたら、なかなかいい勝負でした。時間切れで最後までは指せませんでしたが…。

まとめると、

  • 1.遊びから始める
  • 2.ルールと駒の価値を知る
  • 3.歩無し将棋で楽しさを体験する
  • 4.棋譜をなぞって将棋ができると思わせる(錯覚させる?)。定石もなんとなく覚えられる。
  • 5.定石の意味を知る。理屈はあとから教える。

こんな感じで5カ月目で普通に将棋が指せるようになりました。いまはNHKの将棋フォーカスを見ながら学習もできるようになりました。

Twitterで紹介!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。