\ フォローしてね /

早めに処分!香水の捨て方

香水は気になる体臭を和らげたり、自分らしさを表現するために日常的に使用しますよね。お気に入りの香りの物は減りも早いのですが、お土産で頂いた、自分の好みではない香りは放置されたままになりがちですよね。

ここでは、著者が実践している香水の捨て方を紹介します。

捨てるタイミングの見極め方

香水には賞味期限は表示されていません。一般的には未開封で3年、開封後は1年以内に使い切りましょうと言われています。ごく少量ずつしか使用しない香水を、1年で使い切ることはまずありません。

著者の場合、1年を過ぎたものは酸化の恐れもあり、直接肌につけることはしませんが、他の用途でなるべく使用するようにしています。

トイレの手拭きタオルにスプレーして芳香剤代わりにしたり、トイレの床や壁の拭き掃除の際、雑巾に少量スプレーして行います。掃除後しばらく香りが残っています。トイレ用に1~2年使用後、廃棄します。

捨てる時に必要なもの

  • ウエス(いらない布切れ):数枚
  • ビニール袋:1枚(使用済みのもので可)

捨てる方法

STEP1:ビニール袋にウエスを入れる

ビニール袋にウエスを入れます。

STEP2:香水をウエスに染み込ませる

香水をウエスに染み込ませます。ここで中身を使い切ります。

STEP3:可燃ごみとして捨てる

ビニール袋の口を閉じ、可燃ごみとして捨てます。

生ごみの臭いも緩和され、ゴミ出し時の不快さが半減します。

STEP4:容器を捨てる

容器を不燃ごみ「びん」に出します。

ゴミの分別は各市町村の指示に従いましょう。

その他、香水を捨てる時に注意すること

かなり酸化が進んだ香水の場合、肌にはよくないのでゴム手袋を着用することをお勧めします。また、不快な匂いがする場合もあるので、マスクをするとよろしいでしょう。

おわりに

せっかく頂いた香水を、ほとんど使わず廃棄してしまうのはもったいないことですよね。皆様の生活にも上手に活用してみてはいかがでしょうか。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。