\ フォローしてね /

高校の古文文法・サ変動詞「す」のおさえるポイント

現代の「する」は、古文では「す」となります。これだけだと簡単ですが、「愛す」など、別の語と組み合わさることがよくあります。また、他の文法で使われる「す」との見分け方も大切です。これらをまとめたので、確認してみましょう。

意味

サ変動詞は、基本に「す」と「おはす」があります。

」の意味は「する」です。「おはす」の意味は「いらっしゃる」「おありになる」で、尊敬語です。

活用形

基本形:す

  • 未然形:せ
  • 連用形:し
  • 終止形:す
  • 連体形:する
  • 已然形:すれ
  • 命令形:せよ
「おはす」も「す」の部分を上記のように活用させます。

使い方の例(活用形と訳)

  • 「人々、学問もず。」:未然形/人々は学問もない。
  • 「防がむとて、手のばす。」:連用形/防ごうとて、手をのばす。
  • 「食はむとするに、食はず。」:連体形/食べようとするが、食べない。

複合動詞について

冒頭にも書いたように、他の語に「す」がついて複合動詞になることがあり、その動詞はとても多いです。現代でも「我関せず」とありますね。

名詞につく例

  • 死す
  • 愛す
  • 心す
  • 対面す・・・など

形容詞・形容動詞につく例

  • 重んず(重し+す)
  • 空しうす(空し+す)・・・など

サ変動詞ではない「す」の見分け方

「す」の未然形「せ」や、連用・連体形「し」と間違えやすい他の語があります。

例1:「亡くなりし人(訳:亡くなった人)」

前が「亡くなり」という連用形に接続してるので、ここの「し」は過去の助動詞「き」の連体形です。

例2:「長き爪して目をつぶさむ(訳:長い爪で目をつぶそう)」

この文の「して」は、体言に接続し、手段を示すので、格助詞の「して」です。

例3:「人に語らせけり。(訳:人に話をさせた。)」

「せ」ですが、未然形に接続しているので、使役の助動詞「す」の連用形です。

他、以下のようなものがあります。

  • 過去の助動詞「き」の已然形「しか」の一部
  • 終助詞「てしか」の一部
  • 副助詞「し」
  • 副詞「しか」の一部
  • 接続助詞「して」の一部

上記のように「し」と「せ」が助動詞や助詞の一部になっていることがあります。これらを覚えるのは大変なので、文中に出るたびにチェックして区別に慣れていきましょう。

「する」の意味を持つ場合がサ変動詞なので、文脈でも判断しましょう。

おわりに

たったひと文字なので見過ごしてしまいそうですが、これはサ変動詞の「す」を活用させたものか、それとも別の文法か、注意してみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。