\ フォローしてね /

『徒然草』・「仁和寺にある法師」を読むときのポイント

日本三大随筆の一つと言われる兼好法師の『徒然草』。その中でもよく中学の教科書に採用される「仁和寺にある法師」を勉強しましょう。写真は京都市にある仁和寺です。

原文

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水(いはしみづ)を拝まざりければ、心うくおぼえて、ある時思ひたちて、ただひとり、徒歩(かち)より詣(まう)でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達(せんだち)はあらまほしきことなり。

文法の要点

  • 拝まざりければ:打ち消しの助動詞「ず」
  • 拝まざりければ:「けれ(已然形+ば」=~ので理由
  • 詣でけり:過去の助動詞。非常によく出るので覚えた方が便利。
  • はべり:完了の助動詞。現代の打ち消しの助動詞「ぬ」と同じ意味だと誤解してしまうので注意。
  • 尊くこそおはしけれ係り結び。けれ=已然形
  • 何事ありけん:係り結び。けん=連体形
  • 参るこそ本意なれ:係り結び。なれ=已然形
  • 言ひける:係り結び。ける=連体形
  • あらまほしき:希望の助動詞「まほし」
短い文章の中に重要な文法がそろっています。読解のポイントですので、確実に理解してください。
こちらの「已然形+ば」と「係り結び」も参照しましょう。

  • 石清水:石清水八幡宮。京都府八幡市の山の上にある神社。
  • 心うく→心うし:つらい。いやだ。
  • 極楽寺・高良:石清水八幡宮のある山のふもとの寺と神社。
  • 年ごろ:長年。現代の意味と違うので注意。
  • おはし→おはす:~ていらっしゃる。
  • ゆかしかり→ゆかし:心がひかれる様子。「~たい」と訳せる。
  • 本意:本来の目的。

なお、活用語は→で終止形を表示しました。

固有名詞以外は重要語です。読解のポイントですので、この機に覚えましょう。知っている言葉が多いほど、読解力は向上します。

現代語訳

仁和寺にいる法師が、年をとるまで石清水八幡宮を拝んでいなかったので、残念に思い、ある時決心して、一人で歩いてお参りした。極楽寺や高良神社などを拝んで、これだけだと納得して帰ってしまった。

さて、同輩に向かって、「長年思ってきたことをやりとげました。聞いていた以上に、尊くていらっしゃいました。それにしても、お参りしていた人がみな山へ登っていったのは、何があったのでしょうか。行ってみたかったのですが、神様にお参りすることこそ本来の目的なのだと思って、山までは見ませんでした。」と言った。

ちょっとしたことでも、案内役がいてほしいものだ。

鑑賞のポイント

この話を笑い話と受け取るのもいいと思います。本物の石清水を見損なったのに、「聞いていた以上に尊かった」などと言っているのですから。

ただ、こんな受け取り方も出来るのではないでしょうか。

この法師はまじめに参拝しに行ったのです。それなのに、そのまじめさがあだになって、長年の願いをかなえることが出来なかったわけです。そんな法師を気の毒に思ったからこそ、作者は最後の一文を書いたのではないでしょうか。

鑑賞に唯一の正解というものはありません。個性的な鑑賞文を書いて、先生をうならせましょう。

作者と『徒然草』について

作者は兼好法師(1283?-1352?)。本名、卜部兼好(うらべかねよし)。京都の神官の息子に生まれ、朝廷に仕えましたが、中年になって出家し、京都近辺で隠者の生活を送ります。その中で書いた随筆が『徒然草』(1331頃完成)です。作中では当代一流の知性と教養をもとに自然や社会など様々なものが批評されていますが、根底には仏教の無常観が流れています。

おわりに

「仁和寺にある法師」は、色々な重要事項が含まれていて、勉強するにはとてもよい教材です。余裕のある人は、暗記してしまいましょう。皆さんの健闘を祈ります。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。