1. 趣味
    2. 初めてのパリ!オススメスポットベスト3

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    初めてのパリ!オススメスポットベスト3

    パリは街の雰囲気がとてもいいです。街角の様子がまるで映画のよう。

    そんなパリに初めて行く方へ、オススメスポットをご紹介します。

    著者のパリ旅行

    行程

    2012年3月に5泊6日の新婚旅行で行きました。宿泊先はモンパルナス地区14区のホテルイビスパリです。

    夫と二人で行きました。

    手配方法

    二人ともパリは初めてだったので事前に日本の旅行会社(H.I.S.)でホテル&航空券のツアーと、単発ツアーに申し込みました。ツアー以外の時間は自由にパリを散策しました。

    移動方法

    地下鉄があれば市内移動は難しくありませんでしたが、深夜は安心を優先してタクシーを利用しました。

    日本から同行しているツアーコンダクターさんがホテルに到着後、希望者のみ地下鉄の乗り方をレクチャーしてくれました。

    パリでおすすめのスポット3選

    1:トロカデロ広場

    シャイヨー宮の正面にある半円状の広場です。

    ここから見るエッフェル塔は、まさにポストカード!!手の上に乗せたり、いろいろなポーズで写真撮影ができるので良い記念になります。

    地下鉄トロカデロ駅からすぐです。

    2:マルシェ

    パリと言えばマルシェですよね!

    著者はマルシェに憧れがあり、絶対に行きたいと心に決めていました。

    果物、魚介類、パン、スイーツなどいろいろ売っているので歩いているだけで楽しいです。ケーキを買って、その場で食べちゃうのもマルシェの良さです。

    著者が行ったのはパッシー駅から近い16区のパッシー広場ですが、規模はそれほど大きくなく、地元の人が歩いている印象でした。

    土日開催など、場所によって開催日が異なるのでチェックしていってくださいね。

    多くの人が集まる場所なので物乞いの人もいます。「Money」と言われ、物乞いされても英語の分からないふりをして無視しましょう。

    3:ヴェルサイユ宮殿

    とても華やかな宮殿です!

    宮殿は広く、壁画も調度品もとてもきらびやかですが、未完成な部分も見られます。

    そして庭園は宮殿に引けを取らないほど広く、思わず見とれてしまいます。とてもキュートな形の剪定にとても感動してしまいました。

    ぜひ直接見てみてくださいね!

    著者は日本でH.I.S.のツアーに申込み、当日は集合をして専用のバスでベルサイユ宮殿に向かいました。料金はEUR68.00(当時のレートで日本円で9000円くらい)でした。

    時間の制限はあるものの、歴史や建物についての説明もしてくれるので参加してよかったと思っています。

    個人で行くことも出来ますが、けっこう歩くのでツアーを利用することもおススメします。

    H.I.S.のオプショナルツアーはこちらから

    行ってみた感想

    よかったところ

    パリは英語が通じにくいと聞いていましたが、訪れたホテル、レストラン、カフェ、観光施設では問題なく英語が通じました。

    イマイチだったところ

    現実のパリは、美しい場所ばかりではないです。

    建物や駅のデザインはオシャレですが、地下鉄は臭うし、汚いです。

    街中は東京に比べると明らかに暗いし、男性や子どもの売り子が話しかけて来るし、危険な雰囲気があります。

    やはり日本は治安が良いし、地下鉄はキレイだと再確認しました。

    初めてパリ旅行する人へ

    タクシーを利用する際は、ホテルや格式のあるレストランで呼んでもらいましょう。

    ホテルやレストランでは信頼を保つために、街で拾うよりもきちんとしたタクシーが来てくれます。

    著者は体調が悪くなってタクシーでホテルに戻った日がありましたが、ホテルリッツで用意してもらったタクシーだったので革張りのBMWでオペラを聴きながら帰ることができました。

    おわりに

    ご紹介した場所以外にも、ルーブル美術館やバトー・ムーシュというセーヌ河のクルーズ船も良かったです。思い出すだけですぐに行きたくなる程です。

    著者が行ったのは3月でしたが、かなり寒かったです。春前に行く方は風を通さない薄手のナイロンジャンパーなどがあると重宝します。

    このコラムを参考に楽しいパリ旅行にぜひ出発してくださいね。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ