1. 趣味
    2. 古文の文法「ラ行変格活用の動詞」の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    古文の文法「ラ行変格活用の動詞」の学び方

    ラ変動詞では、その種類と活用形を覚えましょう。

    ラ行変格活用の活用形を覚えると、似た活用形の他の品詞の活用を覚えることにも役立ちます。

    ぜひ暗記しましょう。

    ラ行変格活用の動詞

    ラ変動詞

    ラ変動詞は「あり」「をり」「はべり」「いますがり」の4つです。

    意味

    • あり:ある、いる
    • をり:居る
    • はべり:お仕えする、おそばにいる(「あり」「をり」の謙譲語)
    • いますがり:いらっしゃる(「あり」「をり」の尊敬語)

    ラ行変格活用の活用形

    活用表

    ラ行変格活用の活用形は以下のようになります。今回は「あり」を例にとって説明します。

    • 基本形:あり
    • 語幹:あ
    • 未然形:ら
    • 連用形:り
    • 終止形:り
    • 連体形:る
    • 已然形:れ
    • 命令形:れ
    「あり」以外の3つも、語尾の「り」を活用させます。

    使い方の例と訳

    • 宿直人にてはべらむ。(未然形):「宿直番としてお仕えしよう。」
    • 昔、男ありけり。(連用形):「昔、男がた。」
    • 住む人のあればなるべし。(已然形):「住む人があるからであろう。」

    ラ行変格活用と似た活用をする品詞

    形容動詞、カリ活用の形容詞

    例えば形容動詞の活用は以下のようになります。

    • 未然形:なら、たら
    • 連用形:なり、たり
    • 終止形:なり、たり
    • 連体形:なる、たる
    • 已然形:なれ、たれ
    • 命令形:なれ、たれ

    このように、ラ行変格活用と同じ活用形になります。

    同じく形容詞、形容動詞型活用になる「なり、たり(断定)」の助動詞も同じ活用形です。

    ラ変型活用の助動詞

    ラ変型活用の助動詞とは、「けり(過去)・たり、り(完了)・めり(推量)・なり(推定)」です。

    • 基本形:けり
    • 未然形:けら
    • 連用形:○
    • 終止形:けり
    • 連体形:ける
    • 已然形:けれ
    • 命令形:○

    こちらも○以外は同じように活用します。

    打消の助動詞「ず」

    打消の助動詞「ず」もラ変動詞と同じ活用をします。

    • 基本形:ず
    • 未然形:ざら
    • 連用形:ざり
    • 終止形:なし
    • 連体形:ざる
    • 已然形:ざれ
    • 命令形:ざれ

    おわりに

    いかがでしたでしょうか。

    変動詞の活用を覚えていたら、沢山の他の品詞の活用も理解することができます。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人