\ フォローしてね /

あとは焼くだけ!焼きとうもろこしの下ごしらえの方法

もう少しで、とうもろこしが美味しい季節ですね。著者は屋台風の焼きとうもろこしをよく作りますが、その下ごしらえのご紹介をします。

用意するもの

  • とうもろこし(食べる分)
  • 鍋(底の深いフライパンでもOK)
  • 塩…小さじ2

とうもろこしの下ごしらえの方法

STEP1:とうもろこしの皮をむく

とうもろこしの皮をむきます。最後の薄い皮と、ひげは残しておきます。ゆでる時にうまみを逃がさないためです。

STEP2:とうもろこしを茹でる

とうもろこしを入れた時、ひたひたになるぐらいの水と塩を鍋に入れ、沸騰させます。沸騰したらとうもろこしを入れて5~10分間ゆでます。

とうもろこしが浮いてこないよう、お皿を載せます。その後蓋をして茹でましょう。

生でもかじれるほど柔らかいとうもろこしは5分で十分です。そうでなければ、ゆでて箸で粒をつぶして食べられるか確認し、ゆで時間を調整します。

STEP3:茹でたら皮とひげを取り除く

ゆでたらお皿にあげ、皮とひげを取り除きます。この後、トースターに入れて砂糖醤油を塗りながら焼き目をつけて、焼きとうもろこしを作っていきます。

おわりに

ゆでて食べられる状態になるまで柔らかくする方法なので、この後そのまま食べてもいいし、粒だけを使う場合やバーベキュー用の下準備としてもいいです。簡単なのでよかったら参考にしてみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。