\ フォローしてね /

空き箱だけでスッキリ片付く!冷蔵庫の野菜室の収納方法

野菜は形も大きさもバラバラのため、野菜室はごちゃごちゃになりがちです。そのまま野菜を放り込んで折り重なっているなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、著者が普段から行っている「野菜室の簡単な収納方法」をご紹介いたします。

用意するもの

  • 段ボール
  • 牛乳パック
  • 空き箱など

野菜室に入れておくべきもの、入れない方が良いもの

野菜室に入れておくべきもの

基本的にレタスやホウレンソウ、白菜などの葉野菜や茎野菜のブロッコリーなどは、野菜室での保管が適しています。

入れない方が良いもの

根菜類のじゃがいも、さつまいも、玉ねぎなどは基本的には常温保存で、室内の涼しい場所での保存が適しています。にんじんは常温で保存出来ますが、野菜室で保存した方が日持ちします。また、ごぼうや山芋は、温度の低い場所を好みますので、野菜室で保存します。

ただし、根菜類に関しても著者の場合は、暑い夏には野菜室に入れて保存しています。そうすることで、じゃがいもや玉ねぎの芽が出てくるのを防げますので、長期的に保存が出来るからです。

取り出しやすく賞味期限などの管理もしやすいコツ

野菜室をパッと見た時に、どこに何があるのか一目でわかるよう、野菜同士を重ねずに収納しておくと、取り出しやすく管理もしやすくなります。

大量にストックしすぎないことで、整理整頓がしやすくなります。

収納方法

STEP1:箱をセッティングする

野菜を収納するための箱をセッティングします。

STEP2:野菜を収納する

段ボールや牛乳パックはあらかじめ、野菜室の高さに合わせて切っておきましょう。切った段ボールから出た切れ端も、サイズがちょうど良い大きさなので仕切りなどに利用出来ます。

基本的に、野菜は畑で育った時と同じ状態で保存します。にんじんや大根などは根の部分を下にして、葉野菜の白菜やホウレンソウ、茎野菜のブロッコリーなども切り口の部分を下にして収納します。また、トマトやピーマン、きのこ類などはそのままの状態で保存して良いでしょう。

野菜室の中にある保冷バックは生ゴミ専用のものです。
生ゴミの嫌〜な臭いにおさらば!生ごみのニオイを防ぐ方法

収納のポイント・注意点

土付き野菜

新聞紙やキッチンペーパーなどに包んでから、ビニール袋に入れて収納します。

葉野菜・茎野菜

適度な湿気を好みますので、乾燥しないようにビニール袋に入れて収納します。

使いかけの野菜

にんじんや大根などの使いかけの野菜は、切り口部分の乾燥を防ぐために切り口にラップをかけてからビニール袋に入れて収納します。

いずれも野菜の呼吸を妨げないよう、袋は軽めに閉じておきます。また、袋をかたく閉じてしまっても、爪楊枝などで数か所穴を開けておけば大丈夫です。

おわりに

いかがでしたか?箱が汚れた時には、新しい箱に取り換えれば良いだけなので、お掃除の手間も省けて、整理整頓も出来て一石二鳥です。

ぜひみなさんもこちらの記事を参考に、今回の収納方法をためしてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。