1. 料理
    2. 無添加!根菜たっぷりけんちん汁の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    無添加!根菜たっぷりけんちん汁の作り方

    たくさん作って翌日はけんちんうどんにしましょう。今回は自家製の昆布だしを使った、具だくさんのけんちん汁の作り方を紹介します。

    材料(6人分)

    • 大根…6cm位
    • 人参…1/2本
    • マイタケ…50g
    • ごぼう…1本
    • 油揚げ…1枚
    • 長ネギ…1本
    • ごま油…適宜
    • 昆布だし…5カップの水に10gの昆布を一晩漬けておく
    • みりん…大2
    • 塩…小1
    • しょうゆ…大2
    • かつお節…ひとつかみ

    作り方(所要時間:30分)

    STEP1:ごぼうのアクを抜く

    ごぼうはたわしでこすって泥を落とします。斜め2mm幅に切り水に5分さらします。ごぼうは皮にうまみや栄養があるので、たわしで泥を落とす程度にし、必要以上に皮は剥かないようにします。

    STEP2:具材を切る

    大根は3mm幅のいちょう切りに、人参は3mm幅の半月切りに、油揚げは横半分に切って1cm幅の短冊切りにします。マイタケはひと口大にちぎっておきます。

    大根と人参の皮は剥かずにそのまま切っています。

    STEP3:ねぎを切る

    ねぎの1/3は盛り付け用として薄く小口切りに、残りは1cm幅に切っておきます。

    STEP4:具材を炒める

    フライパンにごま油を熱し、ねぎ以外の具材を強めの中火で3分ほど炒めます。具材の表面においしそうな焦げができるくらいの火加減で炒めると、煮込んだ時にコクが出て美味しくなります。

    STEP5:昆布だしを加えて煮込む

    炒めた具材を今度は別の鍋に移し、さらに昆布だしも加えて強火にかけます。

    STEP6:弱火に変えて煮込む

    煮立ったら弱火にして蓋をし、1分加熱したら火を止めます。そのまま10分放置して余熱で具材に火を通していきます。

    STEP7:味をつける

    野菜に火を通ったのを確認したら、再び強火にかけ煮立ったらみりんを加え、10秒ほど煮立たせ火を弱火にし、塩としょうゆ、かつお節の順に加え味を調えます。

    STEP8:ねぎを加える

    再び強火にし、煮立ったら1cm幅に切った方のねぎを加え火を止めて完成です。

    盛り付け

    けんちん汁を椀に盛り、盛り付け用のねぎを乗せていただきます。

    おわりに

    水出しの昆布だしは水に漬けておくだけなので、簡単に無添加の出汁を作ることができます。自家製出汁で作ったけんちん汁はとっても美味しいです。

    著者はかつおの風味が好きなので、仕上げにかつお節を加えましたがここはお好みで入れなくても結構です。

    翌日のけんちん汁は味が染みていて、1日目とはまた違った美味しさを味わえます。うどんを入れるときはみりんとしょうゆを足して味を濃いめにすると良いですよ。ぜひ、たくさん作って翌日まで楽しんでくださいね。

    Twitterで紹介!

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人