1. 料理
    2. 作り置きでいつでも飲める!ウーロン茶ティーバッグの淹れ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    作り置きでいつでも飲める!ウーロン茶ティーバッグの淹れ方

    ティーバッグは、茶こしを使うことなく手軽にお茶を飲むことができます。そのティーバッグを使って、多めの量をまとめて作り置きしておけばさらに便利です。

    ここでは作り置き用のウーロン茶の淹れ方をご紹介します。

    必要な材料

    • ウーロン茶のティーバッグ

    水の量に対するとティーバッグの量の目安

    • 煮出しの場合…お湯600cc~700ccに対して4~5グラム分のティーバッグ
    • 冷水出しの場合…水400cc~500ccに対して4~5グラム分のティーバッグ

    ウーロン茶の淹れ方(煮出しの場合)

    STEP1:お湯を沸かす

    鍋ややかんで、沸騰するまでお湯を沸かします。

    STEP2:ティーバッグを入れてとろ火する

    お湯の中にティーバッグを入れたら、とろ火にする。

    STEP3:煮出す

    とろ火のまま、お好みの濃さになるまで3分以上煮出します。

    STEP4:冷ます

    お好みの濃さになったら、ティーバッグを取り出し、50度くらいになるまで冷まします。

    STEP5:容器に移す

    冷ましたウーロン茶をペットボトルやウォーターポットに入れて、冷蔵庫に保存します。

    ウーロン茶の淹れ方(冷水出しの場合)

    STEP1:ウォーターポットに水を入れる

    ウォーターポットに水を入れます。

    STEP2:ティーバッグを入れる

    水を入れたウォーターポットの中に、ティーバッグを入れます。

    STEP3:冷蔵庫に入れて30分以上置く

    冷蔵庫に入れて30分以上置き、茶葉を出します。

    STEP4:ティーバッグを取り出す

    お好みの濃さになったらティーバッグを取り出します。

    こだわりポイント

    煮出しの場合ですが、ウーロン茶の風味をしっかり出すために、とろ火でじっくり煮出すのがポイントです。

    注意点

    煮出した後にペットボトルやウォーターポットにお茶を入れる時は、必ず冷ましてから入れるようにしてください。熱いまま入れると、ペットボトルやウォーターポットが変形する場合があります。

    さいごに

    ウーロン茶には特有のポリフェノールが含まれており、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪分解を促進する働きがあります。ダイエットにも最適で健康食品としても飲用されます。

    体に良いウーロン茶をまとめて作り置きしておき、水分補給や食事のお供としてこまめに取り入れてみてはいかがでしょうか。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人