\ フォローしてね /

【古文】比況の助動詞「ごとし」のポイント

このライフレシピのもくじたたむ

「動かざること、山のごとし」「私ごときには無理です」など、「ごとし」は現代でも見聞きする文語の助動詞です。古文の中ではどのように使われたのでしょうか。

意味

比況

たとえ比喩という名称もあります。あるものを他のものにたとえるという意味です。

例文:恐れをののくさま、たとへば、雀の鷹の巣に近づけるがごとし。(『方丈記』)

解釈:恐れおののく様子は、例えてみれば、雀が鷹の巣に近づいたようなものだ。

例示

具体例を示すという意味です。「AごときB」となり、Bの具体例としてAが挙げられます。例示の意味では、「ごとき」という連体形のみが使われます。

例文:時政・宗遠・実平ごときのおとな共を召して(『平家物語』)

解釈:時政・宗遠・実平といった老臣たちをお呼びになって

上の例文では「おとな(=老臣)」の具体例として「時政・宗遠・実平」が挙げられています。

活用

未然形 (ごとく)
連用形  ごとく
終止形  ごとし
連体形  ごとき
已然形   〇
命令形   〇

形容詞のク活用に似た活用をします。形容詞を復習しましょう。

接続

活用語の連体形につく

例文1:水の上に数書くごとき吾が命(『万葉集』)(動詞接続)

解釈:まるで水の上に数を書くように(はかない)私の命

例文2:勝間田の池は我知る蓮(はちす)なししか言ふ君が鬚(ひげ)なきごとし(『万葉集』)(形容詞接続)

解釈:勝間田の池は私、知っております。蓮などありません。ちょうどそんなことをおっしゃるあなた様に鬚がありませんように。

助詞「が」につく

例文:吹き切られたる焔(ほのほ)飛ぶがごとくして(『方丈記』)

解釈:吹きちぎられた炎がまるで飛ぶようにして

助詞「の」につく

例文:道に長じぬる一言、神のごとし(『徒然草』)

解釈:その道に長じた人の一言はまるで神のようだ

実際には、「が」「の」につく例が多いです。

名詞につく

例文:和歌・管弦・往生要集ごときの抄物を入れたり。(『方丈記』)

解釈:和歌、音楽(の書物)や『往生要集』のような書物を入れた。

名詞に接続するようになったのは、中世(鎌倉・室町)ごろからです。

文体との関係

「ごとし」は漢文調の文章に多く用いられました。和文調の文章には「やうなり」が使われ、これが現代の「ようだ」になっています。

おわりに

いかがでしたか。「ごとし」は助動詞の中ではとっつきやすい方かと思います。悠々とマスターして、次のもっと難しい助動詞に挑んでください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。