1. 料理
    2. おつまみに簡単なチーズ餃子のつくり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おつまみに簡単なチーズ餃子のつくり方

    餃子をつくった時に、皮が余ってしまった!なんてことがあると思いますが、それをおつまみに変身させてみませんか?

    手軽につくれてリーズナブル、チーズのおいしさを生かせるレシピです。

    材料 (2人分)

    • ぎょうざの皮・・・10枚
    • 一口大のチーズ・・・10コ
    • 水・・・少量

    作り方

    STEP1:

    ぎょうざの皮に固形チーズをおいて包みます。

    包み方はぎょうざをつくるときと同じでOKです。

    STEP2:

    サラダ油をうすくひいたフライパンに入れ、フライ返しや菜箸で裏返しながら中火で2~3分間焼きます。

    STEP3:

    お皿にのせてできあがり。

    お好みで黒コショウをふってもおいしいです。

    調理のコツ

    チーズは・・・
    - 丸いチーズをそのまま使う
    - 四角いベビーチーズを適当な大きさに切って使う
    - とろけるチーズを使う
    この場合は、ぜひアツアツのうちに食べてみてください。食卓でホットプレートで焼けば、とろけるチーズが固まる前においしくいただけます。

    もちろん、冷めてもスナック感覚でおいしくいただけます。普段のぎょうざの変わり種として、お弁当の一品にもよいですね。

    包む時は、チーズに対して皮が多めのほうが、パリパリの皮をおいしく食べられます。

    アレンジ

    焼くだけではなく、揚げてもおいしく食べられました。皮の包み方もいろいろ工夫すれば、見た目も華やかになり、パーティーなどにも使えます。

    中央にチーズを置いて、包んで上でのほうをひねるだけでもできあがります。

    チーズに加えて、お好みのハムやソーセージ、ハーブなどを入れてもまた違ったおいしさになると思います。

    おわりに

    栄養豊富なチーズを手軽に食べられますので、ビールのおつまみだけではなく、お子さんのおやつにも向いています。

    ぜひお試しください!

    このライフレシピを書いた人