\ フォローしてね /

お伊勢参りの際にぜひ買ってほしい!おススメの伊勢土産

お伊勢参りの後の楽しみといえば、おかげ横丁おはらい町で食べ歩きをしたり、地元ならではのお土産を買って帰ることですよね。

そこで、今回は筆者が買って喜んでもらえた、おススメの伊勢土産をご紹介したいと思います。

筆者の三重県滞在歴

住んだことはありませんが、桑名市に友人が住んでいることもあり、年に2~3回は旅行しています。これまでに行ったことのあるエリアは、桑名、四日市、関、亀山、伊勢志摩などのエリアです。

筆者の知っている三重県のお土産について

定番中の定番は、上記写真の赤福餅です。三重県でなくとも、近畿圏内の駅売店などで非常によく見かける人気商品です。

お餅つながりで言えば、赤福餅以外にも、岩戸餅へんば餅神代餅太閤出世餅など色んな名物餅が伊勢にはあります。さらに、桑名の代表的な銘菓である安永餅や、関の名物である志ら玉という団子餅も美味しいです。

あと、松阪牛熊野地鶏などの三重ブランドを使った商品も人気が高いようです。

実際に買ったことのあるオススメの伊勢土産

「伊勢醤油本舗」の伊勢の焼きうどん

おかげ横丁にある伊勢醤油のお店です。年末に「縁起」という名の醤油が振る舞われる恒例行事があり、毎年大行列になることで有名です。

ここの新名物と言えるのが焼きうどんで、伊勢醤油の焼けた香りが食欲をそそる逸品です。友人に渡すと、「普通の伊勢うどんより好きかも!」と喜んでもらえました。店頭でも食べられるので、一度味を確かめて納得してから買われてみてはいかがでしょうか。2人前1袋、550円。

「くみひも平井」のキューピー人形

伝統工芸である伊賀くみひものお店です。帯締めやくみひも人形など正統的な工芸品の他に、手頃なお土産としてくみひもの衣装を着たキューピー人形が売られていました。「可愛い!」と女性の友人からの評判が良かったです。1個、525円。

「味匠館」の牡蠣のオリーブオイル漬け

伊勢をはじめ、全国の逸品が集められたおかげ横丁でイチオシのお店です。その中でも特にお土産として喜ばれたのが、地元・鳥羽安楽島産の牡蠣が使われたこの商品です。

牡蠣そのものも肉厚で濃厚な味わいですし、残ったオリーブオイルを使ってパスタを作ると牡蠣エキスが溶け出して旨味倍増です。1個、840円。

三重県旅行する人に向けてお土産に関するアドバイス

今回はおかげ横丁やおはらい町で買える伊勢土産に焦点を当てて紹介させていただきました。おはらい町は、伊勢神宮内宮の宇治橋たもとから800mほど続く旧参宮街道で、とても一日では回りきれないぐらい土産物屋さんが密集しています。その中ほどにある伊勢路の建物を再現したおかげ横丁だけでもかなりの数です。

なので、旅行へいらっしゃる前にある程度インターネットや情報誌などに目を通して、行きたいお店を決めておいた方がいいと思います。もちろん現地で気になるお店もたくさん出てくると思うので、ゆとりを持ったプランニングを心がけて下さいね。

おわりに

お伊勢参りの際は、お土産選びも存分に楽しんでほしいです。この記事が少しでもその参考になれば嬉しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。