1. 雑学
    2. 会話や文章で引っ張りだこ!中学英語の「代名詞」の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    会話や文章で引っ張りだこ!中学英語の「代名詞」の学び方

    日本語においても、「それいいね!」とか「ちょっとあれ取って!」とか、日常的に代名詞は用いられていますよね。代名詞がなければいちいち正式な名称を言わなければならず、面倒でならないでしょう。

    今回は、そんな会話や文章で引っ張りだこの代名詞が、英語ではどのように用いられているのかを見ていきたいと思います。

    代名詞の働きと種類について

    主に名詞の繰り返しを避けるため、その代わりに使う語を代名詞と言います。代名詞は、文中で主語、目的語、補語の役割をします。

    代名詞の種類は、大別して人称代名詞指示代名詞不定代名詞疑問代名詞の4つあります。それぞれに分けて見ていきましょう。

    関係代名詞も分類的には、代名詞の一種と考えられます。こちらについては、簡単に言えば文と文の接着剤!中学英語の「関係代名詞」の学び方をご参照下さい。

    人称代名詞

    自分(1人称)や、話し相手(2人称)、それ以外の第三者や事物(3人称)を表す代名詞を人称代名詞と言います。記事トップにその図を載せていますので、参考にしながら読み進めて下さい。

    1:主格

    主格の代名詞は「~は」「~が」と訳し、おもに主語の役割をします。

    • Yuki is in the kitchen. She is making dinner.
    • (ユキはキッチンにいます。彼女は夕食を作っています。)

    2:所有格

    所有格の代名詞は「~の」と訳し、名詞の前にきてその所有者を表します。

    • This is Emi's CD. That is her CD, too.
    • (これはエミのCDです。あれも彼女のCDです。)

    3:目的格

    目的格の代名詞は「~を」「~に」と訳し、文中で動詞の目的語となります。

    • Ken lives next to my house. I know him well.
    • (ケンは私の家の隣に住んでいます。私は彼をよく知っています。)

    目的格の代名詞は、前置詞の後にくることもあります。

    • I gave a watch to him.
    • (私は腕時計を彼にあげました。)

    4:所有代名詞

    所有代名詞は「~のもの」と訳し、その語に名詞の意味合いが含まれていますので、所有格と違い後ろに名詞はきません。

    • This is mine.
    • (これは私のものです。/これは私のです。)

    指示代名詞

    「これ(this)」「あれ(that)」などと人や事物を指し示す代名詞を指示代名詞と言います。人称代名詞のような格変化がないので、覚えやすいと思います。thisの複数形はthese、thatの複数形はthoseです。

    • This is my father's car.
    • これは私の父の車です。)

    不定代名詞

    「ある人」「ある物」などと特定せずに人や事物を表したり、「いくらか」などと漠然とした数量を表す代名詞を不定代名詞と言います。one、something、all、some、anyなどがこの代名詞にあたります。

    • This book is more interesting than that one.
    • (この本はあの<あれ>よりも面白いです。)

    oneは、bookという前に出た名詞の繰り返しを避けるために不定代名詞として用いられています。「一つ」という意味ではありませんので、気を付けましょう。

    疑問代名詞

    「何(what)」「誰(who)」「どれ、どちら(which)」などの疑問を表す代名詞を疑問代名詞と言います。主語として用いる場合は、3人称単数扱いになりますので注意が必要です。

    • Who runs the fastest in this class?
    • (このクラスで誰が一番走るのが速いですか。)
    上の文ではwhoが主語になっていますので、3人称単数扱いとなり、一般動詞のrunにsがつきます。

    itの特殊用法

    itは単に「それ」という代名詞の働きをするだけでなく、英語では文の形を整えるために様々な特殊な使われ方をします。その場合は、it自身は訳しません。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、「文の形を整えるための置き物(飾り物)」ぐらいに思って勉強するようにするといいでしょう。

    1:時刻を表す

    • It is eight in the morning.
    • (午前8時です。)

    2:曜日や日付を表す

    • It is Monday today.
    • (今日は月曜日です。)

    3:天候や寒暖を表す

    • It was rainy yesterday.
    • (昨日は雨でした。)

    4:距離や所要時間を表す

    • How far is it from here to the station?
    • (ここから駅までどのくらいの距離がありますか。)

    学ぶポイント

    人称代名詞は、人称や数(単数か複数か)によって形が変化するので、とっつきにくい感じがするかもしれません。筆者は記事トップの図をノートに書き、横一列をワンセット(I-my-me-mineなど)として口ずさみながら覚えました。

    何度も口ずさみながら書いていると、自然に頭に定着してきますのでコツコツ頑張ってほしいと思います。

    おわりに

    日本語同様、英語でも代名詞は会話や文章でなくてはならない存在なので、ぜひしっかりマスターして下さいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人