\ フォローしてね /

焼きビーフンが失敗無く作れる!ビーフンの下ごしらえの方法

乾物類は戻し方に悩む事がありますよね。ここでは焼きビーフンを調理する際にするビーフンの下ごしらえを紹介します。

焼きビーフンをつくる場合は、戻さず具材とそのまま炒めるとビーフンは硬く仕上がってしまいますので、湯で戻し使うと調理しやすくなります!

材料(1/2パック分)

  • ビーフン・・・1/2パック
  • サラダ油・・・5~6滴
  • ボール
  • ザル
  • サランラップ

作り方(調理時間:5~7分)

STEP1:ビーフンを浸す

ボールの上にザルをセットします。そこへビーフンを入れ、熱湯を、ビーフン全体が浸るぐらいまで注ぎます。そこへサラダ油を加え、入れ終えたら5分程このままの状態で増えるのを待ちます。

サラダ油を加えると、ビーフン同士がくっつくのを防止できます。

STEP2:湯を捨てる

STEP1が5分程経ったら、お湯を捨てます。

STEP3:サランラップをかける

湯を捨てたSTEP2にサランラップをかけます。この状態で5分程蒸らします。

蒸らすと不思議とボロボロになりづらいです。

完成

STEP3をお好みのサイズにカットしてください。野菜を炒めた後加え、味付けしたら完成です。

上手に作るためのポイント

熱湯をボールに注ぐ時と、湯を捨てる時は火傷に注意しましょう。

さいごに

この方法で下ごしらえすると、失敗無く作ることができました。是非お試しください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。