\ フォローしてね /

まさか今年もお花を贈る気?本当に喜ばれる母の日ギフト7選

母の日のプレゼントにはカーネションやバラなどのお花が定番ですが、毎年同じような贈り物で飽きたり、マンネリ化してしまってはもったいないですよね。せっかく母親への感謝を伝える記念の日ですから、サプライズや意外なギフト、アイデア満載のプレゼントを渡して喜んでもらいたいものです。

母の日は5月の第2日曜日。今からじっくり準備する時間もあまりないですよね。そんな人でも、母親に本当に喜んでもらえる、色々な形のおすすめギフトをご紹介します。

その1:スイーツ

スイーツが一番人気

まず、母の日で一番喜ばれる贈り物は何か?という質問に関して、某サイトの2013年のランキングによると「形のあるプレゼント」で1番人気はスイーツで、お花のギフトは2番手でした。母親世代も本音では「花より団子」なのかもしれません。

お花以外のプレゼントを選ぶとしたら、無難なのはスイーツを買うこと。5月に入ると、デパートや百貨店などで「母の日限定のスイーツ」が出揃いますので、それを狙うのもいいでしょう。限定モノではなくても、お母さんがなかなか普段食べないような上質なスイーツは喜ばれるはずです。

では、いったいどんな種類のスイーツを選べばよいのでしょうか?

スイーツの選び方

母の日をイメージした華やかなケーキなども売られていますが、日持ちがしません。しかし、家にいる時間の長いお母さんなどには、長く楽しめるものが喜ばれます。そこで、常温で保存でき、小分けで日持ちのするものを選ぶのがよいでしょう。

また、切り分けるのに手間がかかったり、すぐに食べなければならないものは、嬉しいけどちょっと…と思う可能性もあります。それよりも、毎日のお茶の時間にちょっとずつ食べられるものだと、長く楽しめて嬉しいですよね。具体的には、クッキーやマカロンなどの焼き菓子や小さめのチョコレートの詰め合わせなどがちょうどよいのではないでしょうか?

自分で作る場合には、nanapiレシピを参考にしてみてください。

その2:家事代行サービス

お菓子もなんだかつまらないなあ、という人は、日々の疲れを労うギフトもあります。「今日は一日母親業休み!」ということで、身も心もフリーになってもらいましょう!

「家事代行サービス」とは、プロのスタッフ(主に女性)が家を訪問し、その家にある道具を使って日常的な家事を行うサービスです。ニーズに合わせて掃除・洗濯だけでなく、ペットの世話や料理までしてくれるので、本当に家事をまるごとお休みできます。

おうちに居る時に利用しても良いですし、親子でおでかけをする間に利用して帰るころにはピカピカ!なんて利用の仕方でも喜ばれそうですね。母の日当日ではなく、後日好きな日にサービスを頼めるギフトチケットがある業者もあるみたいです。

その3:人力車で観光

リニューアルオープンした歌舞伎座や東京スカイツリーなど、母親とも一緒に楽しめる観光スポットへ1日出掛ける、というのもひとつの親孝行です。年齢を重ねるごとに、なかなか一緒に出かける機会が減りますしね。

そんな体験型の母の日ギフトを考えている方は、浅草で人力車に乗るのはいかがでしょうか。賑やかな街並みを高めの目線から眺めれば、いつもと違う浅草を体感できるかも。東京スカイツリーも近くにありますので、景色もバッチリ!

人力車でちょっぴりラグジュアリーな時間を過ごしてみては?

その4:ラーメンを一緒に食べに行く

これは男性が有利なギフトです!「母の日にラーメン?」と思われるかもしれませんが、母親も意外とラーメンを食べたがっているかもしれません。

母親も含めなかなか女性は一人でラーメン屋に行くことができません。ましてや母親は「行きたいなんて恥ずかしくて言えない」とすら思っているかも。でもテレビで特集をやっていたりして、気になっていて言い出せなかったり…。そんな母親を「ラーメン食べに行かない?」と気軽に誘ってみましょう。

母親も、子供と一緒なら恥ずかしくなくラーメンも食べられます。「前からここに行ってみたかったのよねー」という店があればそこでも良いですし、特に無ければキレイめで女性も入りやすいお店をチョイスしてあげると喜ばれそうですね。

その5:エスプレッソメーカー

モノ系で長く使えるギフトなら、エスプレッソメーカーはいかがでしょうか。「毎日煎茶やコーヒーだけじゃなくて、たまにはエスプレッソも飲みたいわ」という母親にはかなり喜ばれますよ。

メーカーは様々ありますが、抽出が簡単でメンテナンスもしやすい「カプセル型」のものがオススメ。1杯70円程度で飲むことができ、追加のカプセルは電話やWebで注文して宅配で受け取ることもできます。ステキなエスプレッソカップとセットで渡してもgood!

その6:タブレット端末

実家を離れてファミリーで暮らす人は、ぜひタブレット端末を贈りましょう!

離れて暮らす孫とテレビ電話で話ができたり、孫の写真をクラウドサービスを利用して共有したり、家族間のコミュニケーションツールとして活用できるでしょう。最初に、あなたが設定を行ったり使い方を説明してあげればOKです。

それ以外にも、普段新聞を拡大しながら読めたり、囲碁を一人で楽しめたり、母親だけでなく両親で楽しめるツールになりそうですね。

その7:何より…「実家に帰る」が一番!

プレゼントをあげるのも大切なことですが、離れて暮らしている方は「実家に帰ってきてくれるだけで十分!」という母親も多いのでは。

「そんな大げさな…」と思っているあなた!あなたがもし年に1回しか実家に帰っていないとすれば、あと親に会える回数は30回を切っているかもしれません。

年に1回なのを2回に増やすだけで、会える回数は倍になります。日帰りでも良いので、直接会って一緒に過ごすだけで、素晴らしい母の日ギフトになるのではないでしょうか?

おわりに

母の日は何をあげるかより、「どうしたら喜んでくれるかな?」と一生懸命考えるあなたの気持ちが一番嬉しいのだと思います。お母さんの気持ちを誰より分かっているのは、子どもであるあなたです!あなたなりの母の日ギフトを選んであげてくださいね!

Twitterで紹介!

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6 7 8)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。