\ フォローしてね /

必要なのは塩と酒だけ!ふっくら仕上がるブリの塩焼きの作り方

ぶりというと、いつもブリ大根を作りますが、今回は母の指導のもと、塩焼きを作ってみました。お酒も使うことでふっくら仕上がるレシピを教えてもらったので、ここにまとめました。

材料(4人分)

  • ぶり…4~8切れ
  • 塩…少々
  • 酒…大さじ4
ぶりは小さければ8切れ、大きければ4切れを目安にしています

作り方(調理時間:30分)

STEP1:ぶりに酒を振る

ぶり全体に酒大さじ1をふりかけ、裏返してまた大さじ1を振りかけて5分置きます。

STEP2:ぶりの水気を取る

キッチンペーパーでぶりの水気を取ります。

STEP3:ぶりに塩を振る

焼く直前にぶり全体に塩を振ります。

材料には塩少々と書きましたが、著者は全部で大さじ1/2程の塩を振りました。

STEP4:ぶりを焼く

フライパンを中火に熱してアルミホイルをしき、ぶりを入れて酒大さじ2をふりかけます。そして3分ほど焼きます。表面全体の色が変わるのが目安です。

アルミホイルを敷いたら、裏返しやすいし、洗うときも楽です。

STEP5:ぶりを蒸し焼きにする

ぶりを裏返して弱火にし、ふたをして4分蒸し焼きにします。お箸で断面を見て、ぶりに全部火が通ったのがわかったら出来上がりです。

上手に作るためのポイント

焼き過ぎたら固くなってしまうので注意してください。

さいごに

調味料は2つで、レシピもそんなに難しくないので、是非今夜のお夕飯にでも試してみてください。ふっくら焼けたら、冷凍の塩焼きじゃ満足できなくなります。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。