1. 趣味
    2. 留学4年目著者が教える!1年間のカナダ大学留学費用

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    留学4年目著者が教える!1年間のカナダ大学留学費用

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    留学は未知の体験がいっぱいで、憧れる方もたくさんいるかと思いますが、留学にかかる膨大な費用のせいで、諦める方もいると思います。

    筆者は高校卒業してすぐにカナダの大学に入学し、現在4年目になりますが、少しでも留学費用を抑えるための努力を行ってきました。

    筆者の経験がこれから留学しようと考えている人にとって参考になれば嬉しいです。

    留学にかかる費用

    授業料

    授業料は、交換留学か正規留学か、又大学や地域によっても千差万別です。

    交換留学は基本的に自費か日本の大学や高校の授業料のどちらかだと思います。正規留学の場合、カナダは比較的安いほうかと思いますが、大体授業料だけで150万円くらいは見積もっていたほうが無難でしょう。

    応募の際にいろいろな大学のウェブサイトを見て比較検討しましょう。

    滞在費

    これも地域の物価の違いに大きく左右されますが、筆者の住む田舎のほうになると2人住みのアパートで家賃は光熱費込みで大体4万円くらいです。

    カナダはルームシェアが一般的なので、こちらに家を持っている人の地下の部屋を借りたりすると、格安で3万円~3.5万円くらいの部屋も見つけられます。都会のほうでは大体これの2倍くらいの相場らしいです。

    ちなみに大学の寮は友達が出来やすいですが、高額のため2年目から住む人はほとんどいません。

    食費

    寮に住むなら食事込みで大体1年で60~100万円くらいかかります。自炊するなら大体1ヶ月1~1.5万円くらいです。

    日本のスーパーと比べると、魚と鳥肉が高く、豚肉や牛肉が安い印象を受けます。1年間の滞在でしたら、調味料等の日本食はできるだけ持って行くと助かると思います。

    こちらでも、近くのアジア食品店などで日本食が買えたりしますが、基本的に高く手に入らないものもあるので、いくらか持っていくのが無難です。

    外食は基本的に日本より高いです。出来れば自炊を心がけましょう。

    交際費・雑費

    カナダの田舎のほうに住むなら、人にもよりますが交際費などはほぼないようなものだと思います。

    日本のように買い物が出来る場所や遊べる場所が充実しているわけでもなく、こちらの学生が遊ぶ場所といったらほぼクラブかバーなので、飲むのが好きな人以外1ヶ月5千円くらいに収まると思います。

    都会となると、この倍以上かかる可能性があります。

    まとめ

    基本的に1年間留学するのに、田舎の大学でも250万円程度は見積もっていたほうが良いでしょう。都会ではプラス20~50万円くらいかかると思います。

    自炊をする、奨学金を取るなどして費用を出来るだけ少なくすることも出来るので、留学を考えている人はそうしたことをまず計画してから来るといろいろな面で有意義な留学生活になると思います。

    このライフレシピを書いた人