\ フォローしてね /

手軽にこどもの日っぽい食卓に!兜のかりかりマッシュポテトの作り方

端午の節句には、事故や災から子どもを守る意味を込めて、兜を飾ります。

この記事では、こどもの日に作った兜の形のかりかりマッシュポテトのレシピを紹介します。じゃがいもなどの具材を、春巻きの皮を使って、折り紙で兜を折るように包んでいきます。

男の子ウケがいいこと間違いなしの料理です。

必要な材料(8個分)

  • ジャガイモ中:2個
  • ツナ缶:1缶
  • とろけるチーズ:1枚
  • 春巻きの皮:8枚
  • 牛乳:適量

必要な道具

  • アルミホイル
  • マッシャー、またはフォーク
  • ボール

作り方(調理時間:30分)

STEP1:ジャガイモの下ごしらえ

ジャガイモを下ごしらえします。皮をむいてから鍋でゆでてもかまいませんが、皮をむかずに耐熱容器にいれ、少し水を加えて、600Wの電子レンジで4分加熱するのが楽です。

冷やしてから手で簡単に皮がむけます。

STEP2:マッシュポテトをつくる

皮をむいたジャガイモをマッシャー(フォークでも可)でつぶします。

STEP3:ツナを入れる

缶汁ごとツナをいれて混ぜます。

STEP4:チーズを入れる

とろけるスライスチーズをちぎりながらいれ混ぜます。

この時点で生地がパサパサだった場合は少し牛乳を足します。

STEP5:春巻きの皮で兜を折る

まず、生地を三角に半分に折ります。

STEP6:鋭角を中央に折り返す

両端の鋭角の部分を直角の部分に合わせて折ります。

STEP7:折り返した先端をさらに折り返す

折り込んだ鋭角の部分を折り返します。

STEP8:ツノを作る

さらに外側に折り返して兜のツノを作ります。

兜の折り方はこちらが参考になります。

STEP9:中に生地を詰める

中に生地を詰めます。

STEP10:フタをして兜の完成

ふたをして、兜の完成!

STEP11:オーブントースターで焼く

オーブントースターを800Wにセットし、10分ほど焼いて完成です。火力が強すぎてこげるようであればアルミホイルで覆ってください。

上手に作るためのポイント

春巻きの皮になかなか折り目がつきにくいかもしれません。筆者は折り目がほどけてこないように、兜の表面を下にして焼きました。

おわりに

手軽にできて、食卓がこどもの日らしくなるレシピですので、時間のない方にもおすすめです。色々な具でチャレンジしてみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。