1. 料理
    2. 山芋入りで柔らかい!関西風お好み焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    山芋入りで柔らかい!関西風お好み焼きの作り方

    山芋が入っている、ふわふわ食感の関西風お好み焼きの作り方をご紹介します。

    用意するもの(2人分)

    • キャベツ:200g
    • 小麦粉:180g
    • ベイキングパウダー:小さじ1/2
    • 顆粒だし:5g
    • 塩:小さじ1/3
    • 山芋(長芋): 120g
    • 卵:1個
    • 水:150cc
    • 豚肉:300g
    • やきそば:150g×2袋
    • もやし:250g

    生地の作り方

    STEP1:キャベツを切る

    キャベツを5mm間隔に刻み、ボウルに入れます。

    今回は新キャベツを使用しました。

    STEP2:小麦粉にベーキングパウダー・顆粒だし・塩を混ぜる

    小麦粉にベイキングパウダー、顆粒だし、塩を加え混ぜあわせます。

    小麦粉は軽く振るっておくと良いです。

    STEP3:山芋をすりおろす

    山芋の皮をむき、すりおろします。

    山芋の量をさらに増やせば、生地がより柔らかくなります。

    STEP4:キャベツと粉類を混ぜる

    「STEP1」のキャベツに「STEP2」の粉類を少しずつ加え、混ぜます。

    STEP5:卵を入れる

    卵を「STEP4」の生地に混ぜ合わせます。

    STEP6:水を加える

    生地のかたさを調整しながら、水を加えます。

    水の量は生地がトロリとする程度までが目安です。

    STEP7:山芋を入れる

    すりおろした山芋を数回に分け、「STEP6」に入れ混ぜます。山芋入りの生地が完成です。

    STEP8:豚肉を炒め生地を落とす

    ホットプレートもしくはフライパンで豚肉を炒めます。火力はホットプレートの場合170~200℃、フライパンの場合は中火で、約2~3分、豚肉の両面に焼き色が付くまで炒めます。

    その上に「STEP7」の生地を丸く落とします。

    STEP9:生地を伸ばす

    生地の厚みを調整し伸ばします。

    STEP10:もやし・焼きそばをのせて生地を焼く

    生地の上にもやし、焼きそばをのせます。

    具材を全てのせた後、170℃の中火で約7~8分、生地に軽い焦げ目がつくまで焼きます。

    焼けたらひっくり返します。

    もやしと焼きそばは、お好みの量に調節してOKです。
    焼くときは豚肉が焼けすぎないように注意します。

    STEP11:裏面を焼く

    裏面を170℃の中火で約3分焼きます。焼きそばがカリッと焼ければOKです。

    STEP12:トッピングして完成

    生地を両面焼き終えたら、お好み焼き用ソースをかけます。トッピングとしてかつお節、海苔、マヨネーズ等をふりかけたら完成です。

    おわりに

    生地に山芋が入っているので粘り、膨らみ感があります。焼き上がりはふっくら仕上り、時間が経っても、柔らかです。口当たりが良いので子供、年配の方にも食べやすいと思います。

    今回具材は豚肉を使用しましたが、牛肉、海老、イカを使っても美味しく仕上がります。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人