\ フォローしてね /

耐熱ガラスポットで入れる工芸茶(中国茶)の楽しみ方

香りも良くて美味しい中国茶はジャスミン茶やプーアル茶、ウーロン茶と種類豊富で入れ方も楽しめるお茶です。

今回は中国茶の中でも「目でも楽しめて味も美味しい工芸茶の入れ方」を紹介します。

用意するもの

  • 耐熱ガラスポット
  • 茶杯
  • 工芸茶:1粒
  • 100℃に沸騰した熱湯:約1.5ℓ

作り方(調理時間:5分)

工芸茶はいろいろな種類がありますが、今回は満天紅仙桃というカーネーションの花が咲く工芸茶を使いました。

STEP1:耐熱ガラスポットを温める

耐熱ガラスポットに沸騰させたお湯を注ぎ30秒ほどポットを温めます。

STEP2:工芸茶の粒を入れる

耐熱ガラスポットのお湯を捨てて、工芸茶を1粒入れます。

工芸茶はお湯を注ぐときちんと上向きになるので、この時点で上下逆に入ってしまっても大丈夫です。

STEP3:お湯を注ぐ

100℃に沸騰したての熱湯を耐熱ガラスポットに注ぎます。

STEP4:蓋をする

花が開きやすいように手早く耐熱ガラスポットのをします。

STEP5:茶杯を温める

茶杯にお湯を注ぎ茶杯を温めます。

STEP6:花が開く様子を楽しむ

耐熱ガラスポットにお湯を注いでから10~20秒ほどで徐々にジャスミンの茶葉が開き始めます。

1分ほどで上の写真のように工芸茶が沈んで花も開き始めます

STEP7:花が開ききったら完成

お湯を注いでから約2分程度経った後完全に花が開ききったら飲み頃です。

STEP8:茶杯に注いで味を楽しむ

温める為に注いだ茶杯のお湯を捨てて耐熱ガラスポットのお茶を注ぎます。ジャスミンの良い香りの美味しいお茶の味を楽しみます。

上手に作るためのポイント

耐熱ガラスポットはSTEP1のように一度暖めたほうが工芸茶が開いている時間もお湯が冷めにくく、お茶もより美味しくなります。

工芸茶は1粒で1ℓのお茶が飲めます。耐熱ガラスポットのお湯は飲みきったら継ぎ足すのではなく、茶杯に注いだらお湯を追加するように継ぎ足したほうが渋みも出にくくなり、長い時間お茶を楽しめます。

花が開ききってからの継ぎ足しのお湯は沸騰したてのものではなく、好みの温度のお湯を入れて大丈夫です。味は充分出ますので飲みやすい温度で楽しみましょう。

おわりに

目でも楽しめて味も楽しめる工芸茶は飲み終わった後も活用できます。

  • 水中花:お水を入れて水中花としても楽しめます。ガラスのポットやワイングラスなどに入れて毎日水を入れ替えれば1週間くらい水中花を飾りとして楽しめます。

  • 消臭剤:茶葉は消臭効果もあるので、良く乾燥させて消臭剤としても使用できます。

インターネットや横浜中華街で手軽に購入できる工芸茶。1粒で1ℓも飲めるのでホームパーティで出すのもオススメです。是非参考にして下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。