\ フォローしてね /

家族で楽しむ!小さな子供連れのお花見会場の選び方

お花見には、いろんなスタイルがあります。

例えば、友人たちや職場の関係者とお酒を呑みながら宴会スタイルで楽しむお花見、散歩がてら、近所の公園で気軽に楽しむお花見、家族でお弁当を広げて楽しむお花見などがあります。

そんな中でも、小さな子供連れの家族で楽しむためのお花見をする際、筆者が実践している会場選びのポイントを紹介したいと思います。

お花見会場の調べ方

口コミ

小さな子供連れの家族でのお花見の場合は、できるだけ子供たちを疲れさせないよう、移動時間が短い地元が1番です。そんな地元のお花見スポットの情報なら、1番役に立つのはやっぱり口コミです。

地元のママ友などから、子連れに向いているお花見会場についての口コミ情報を収集します。

地元のフリーペーパー

地元で発行されているフリーペーパーには、その時期ならではの話題が豊富に掲載されています。桜の季節になると、各お花見スポットの情報が詳しく書かれている記事が掲載されます。

そんなフリーペーパーの情報を駆使して、家族向けのお花見会場選びを行います。

事前にチェックしておくべきこと

アクセス

自宅から車でのどのくらいで着くか、どの道を行けば渋滞に巻き込まれずに行けるか、ということを、ナビや口コミで下調べしておきます。

駐車場も混雑が予想されるので、近くのコインパーキングを下調べしておきます。スムーズに到着できることは、子供の機嫌を損ねないためには意外と重要です。

混み具合

お花見の名所は、どの程度の混み具合が予想されるのか、事前に口コミでチェックしておきます。あまりにも混雑しそうな場合は、その近くに穴場のお花見スポットがないかもチェックします。

もし、あまりにも混雑がひどくて目当ての会場を諦めなければならなかったとき、近くに代わりに楽しめる場所を確保しておきます。

ゴミの対処

小さな子供を連れてのお花見では、たくさんのゴミが出てしまいます。

食べカスやお菓子の空き袋、オムツなど、多くのゴミが出て、帰りにすべて持ち帰るのは大変なので、どの程度までゴミが処分できるのか、ということも確認しておきましょう。

基本はゴミは持ち帰りですが、せめて空き缶くらいは捨てられるゴミ箱があるところがおすすめです。

トイレ

子供が小さいと、トイレにもしょっちゅう連れて行かなければなりません。そこで、公園内にトイレがたくさんあって、洋式のトイレもあり、しかも清潔であるかどうかという点を口コミでチェックしておきます。

多くの人が集まる花見の名所は、トイレも混雑しがちです。子供は大人ほどトイレを我慢できないので、できるだけトイレが多い場所のほうがおすすめです。

子供が飽きずに楽しめる場所かどうか

花見といっても、子供は桜を見るだけでは何時間も楽しめません。子供が飽きずに楽しめる設備があるかどうか、という点もしっかりチェックしておきましょう。

家族でのお花見の会場選びの注意点

小さな子供連れでのお花見の会場を選ぶ際は、あまりにも混雑する時期や場所を避けるようにしましょう。

人だらけで混雑しすぎていると、子供が迷子になってしまう可能性もありますし、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

できるだけ、「穴場」と言われるスポットを選ぶか、どうしても名所に行きたいのなら、少し時期をずらして行ったり平日に行くなど、人ごみを避ける工夫をしましょう。

おわりに

家族での楽しいお花見。素敵な会場を選んで、キレイな桜を眺めながらお弁当をおいしく食べて、思いっきり春を満喫しましょう!

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。