\ フォローしてね /

ニンニクと唐辛子が効いてる!大分県のから揚げの作り方

筆者の生まれ故郷は大分県と福岡県の境にある村です。大分県のから揚げがブームになっていますがうなづけます。

ここでは母から伝授された大分県特有のニンニクと唐辛子が効いたから揚げの作り方を紹介します。

用意するもの

  • ビニール袋・・・2枚(今回は25cm x 32cmを使用)

材料(3人分)

  • 【A】鶏もも肉・・・450グラム
  • 【A】しょう油・・・大さじ2
  • 【A】酒・・・大さじ1
  • 【A】おろしニンニク・・・チューブのものを5cm絞り出し
  • 【A】赤唐辛子・・・1/2本
  • 薄力粉・・・大さじ5
  • 揚げ油・・・適量

作り方(調理時間:30分)

STEP1:鶏肉を切る

鶏肉を食べやすい大きさに切ります。

STEP2:赤唐辛子を切る

赤唐辛子は種を除き、みじん切りにします。

STEP3:ビニール袋に【A】を入れる

ビニール袋に【A】の材料を全部入れます。

STEP4:ビニール袋をもむ

ビニール袋の口を閉じ、外側から揉みます。

調味料がほぼ混ざってきたらOKです。

STEP5:冷蔵庫で2時間以上置く

ビニール袋に入れたまま2時間以上置き、味を染み込ませます。

半日くらい置いても大丈夫です。

STEP6:もう一枚のビニール袋に薄力粉を入れる

もう一枚のビニール袋に薄力粉を入れます。

STEP7:鶏肉を加える

下味を付けた鶏肉を加えます。

STEP8:薄力粉をまぶす

ビニール袋の口を握って振ります。薄力粉が鶏肉にむらなくつけば大丈夫です。

STEP9:揚げる

揚げ油を入れたフライパンを電磁調理器にかけ160度になったら鶏肉を入れます。

油の温度はずっと160度のままで揚げます。

STEP10:裏返す

約5分経ち、裏面がこんがりいい色になったら裏返します。裏返してからさらに3分揚げます。

STEP11:出来上がり

両面ともこんがりといい色になれば大丈夫です。キッチンペーパーなどにのせ油切りをしましょう。

こだわりポイント

地元のから揚げはしっかり味が付いています。下味を付ける時間はたっぷり取るようにしています。

注意点

しょう油で下味を付けているので焦げやすくなっています。油の温度は160度を保ちましょう。また、揚げ時間が長くならない様に気を付けましょう。

さいごに

大分県のから揚げを食べて育った筆者は”から揚げといえばこの味付け”と決まっています。もちろん娘にも伝授するつもりです。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。