\ フォローしてね /

レンジで簡単!型も不要のお手軽ミートローフ

大きく作って切り分けるミートローフは、華やかで、普段の食事だけでなくパーティーのメインとしても喜ばれます。

また、冷めても美味しくいただけるので、お弁当にも便利です。

ここでは、電子レンジを使って短時間で失敗なくミートローフを作るレシピをご紹介します。

材料(4人分)

ミートローフ

  • ひき肉 300g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 卵 1個
  • オクラ 2本
  • にんじん 1本
  • パン粉 1/2カップ
  • 牛乳 1/4カップ
  • とんかつソース 大さじ1 1/2
  • ケチャップ 大さじ1 1/2
  • クミンパウダー 小さじ1/2
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2

ソース

  • 焼いた後の肉汁 大さじ4
  • とんかつソース 大さじ1
  • ケチャップ 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
ひき肉はお好みのものを使ってください。今回は、牛ひき肉150g+豚ひき肉150gを使っています。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:玉ねぎをみじん切りする

皮をむき、ざく切りした玉ねぎをフードプロセッサーに入れ、みじん切りにします。

STEP2:玉ねぎを加熱する

みじん切りにした玉ねぎを耐熱容器に入れ、サラダ油大さじ1(分量外)を入れ混ぜます。

混ぜたら、600Wの電子レンジでラップをせずに2分間加熱します。

半透明になってしんなりしたら電子レンジから出し、粗熱を取っておきます。

STEP3:パン粉と牛乳を混ぜる

パン粉に牛乳を加えてよく混ぜ、パン粉をふやかしておきます。

STEP4:野菜を切る

にんじんは皮をむいて両端を切り落とし、1cm角の棒状に切りそろえます。

STEP5:野菜を加熱する

STEP4のにんじんと、洗って産毛を取ったオクラを、電子レンジで加熱します。

にんじんとオクラを、少量の水とともにシリコンスチーマーに入れ、600Wで1分加熱したところでオクラを取り出し、にんじんだけをさらに1分(計2分)加熱します。

シリコンスチーマーがない場合は、耐熱容器に入れてラップをして加熱するか、熱湯でゆでてください。

オクラは火が通りやすいので、緑が鮮やかになればOKです。にんじんはつまようじなどで刺し、火が通っていることを確認してください。

STEP6:材料を混ぜる

ひき肉、STEP2の玉ねぎ、STEP3のパン粉、卵、とんかつソース、ケチャップ、クミンパウダー、ガーリックパウダーをフードプロセッサーに入れ、よく攪拌します。

スプーンなどで上下を返しながら、ムラのないように混ぜ合わせます。

フードプロセッサーを使わないときは、ボールに入れて手でよくこねてください。

STEP7:野菜に小麦粉をまぶす

STEP5の野菜の水気をふき取り、小麦粉(分量外)を薄くまぶします。

この行程により、野菜とミートローフのタネがしっかりくっつき、野菜だけ取れてしまうことを防ぎます。

STEP8:成形する

オーブンシートの上に、STEP6のタネの半量を、厚さ1.5cmになるように敷きます。その上に、STEP7の野菜をバランスよく載せます。

STEP9:成形する

野菜と野菜の間に肉ダネを詰め、穴が開かないようにします。

STEP10:成形する

残りの肉ダネを盛り、形を整えます。

中まで火を通しやすくするために、成形後の厚さが約3cmになるようにします。

STEP11:電子レンジで加熱する

オーブンシートの長辺をピッタリと折り、側面も折ります。

電子レンジ使用可能な耐熱皿に移して、600Wで7~8分加熱します。

STEP12:肉汁を取り分け、ソースを作る

透き通った肉汁が出ていれば中まで火が通っています。肉汁はソース用に取り分けておきます。

取り分けた肉汁にソース用の調味料を加えてよく混ぜ、電子レンジで温まるまで加熱しておきます。

STEP13:オーブントースターで加熱し、完成

オーブントースターで焦げ目がつくまで約5分程度加熱すると、より香ばしく美味しくなります。

粗熱が取れたら切り分け、ソースを添えてお召し上がりください。

上手に作るためのポイント

隙間が開かないように、具材の間に丁寧にタネを詰めてください。成形し終わった後、少し高いところから台の上に落として空気を抜くのも効果があります。

具材は自由に替えていただいて構いませんが、ゆで卵は電子レンジで加熱すると破裂するという話を聞いたことがあるので、ご注意ください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。