\ フォローしてね /

これであなたも土星通!観測時に披露したい土星の豆知識

今、静かにアツい「土星」

太陽系第6番目の惑星である土星。太陽系で一番大きなわけでもなく(2番目)、地球に近いわけでもないため、輪っかのある惑星という印象ぐらいしかないかもしれません。

しかし、2013年、その土星が密かに注目を集めたのをご存知ですか?

土星が30年ぶりに地球に大接近し、2013年5月22日・23日には、「土星とスピカに月が接近」という天体マニア垂涎モノのビッグイベントが起こりました。

天文学的には結構貴重なこのイベント。土星とその少し西に見える「春の大三角」の一つである1等星のスピカの間を、満月が通過する様子を観測できるというものでした。

今回はそんな土星の「凄さ」をまとめてみました。事前にチェックして観測時に披露しちゃいましょう。

土星ってどんな星?知っておきたい基礎知識

通ぶる知識を得る前に、まずは土星(Saturn)についての基本を押さえましょう。

  • 半径:6万268km(地球の約9倍)
  • 質量:地球1に対して95.16
  • 太陽との距離:14億2940万km(地球の約5倍)
  • 1年の長さ(公転周期):29年
  • 1日の長さ(自転周期):10時間39分
  • 表面温度:-180℃(地球は15℃)

土星は地表がないため宇宙船が着陸できません。気候も極寒で、数分もかからずに人間が死んでしまうほどの放射線濃度のため、残念ながら居住は難しそうです。

これであなたも土星通!意外な「凄さ」まとめ

地球2個分のバラ!「嵐」がスゴイ!

上層大気の風速は赤道地域では毎秒500メートルに達するなど、激しい気流が特徴の土星ですが、嵐ともなるとまさに規格外。

今年(2013年)の5月には、直径約2000kmと、地球2個分にもなる巨大な渦が発生したそうです。しかも、見た目は美しいバラ状。地球では考えられませんね。

たった10m?「薄さ」がスゴイ!

土星と言われて思い浮かぶのは、なんといっても星を取り囲む大きな「環」。

宇宙に浮かぶものなので、さぞ大きなものだと思うかもしれませんが、実は最も薄い場所では厚さ10~30mと、以外にもペラペラなのです。「天文学的」と形容するには少し身近すぎる数字ですね。

え!そんなに!?「衛星」がスゴイ!

地球の衛星といえば、ご存知「月」。たった一つの衛星ながら、暗い夜を優しく照らしてくれたりと、なくてはならない存在ですね。

しかし、土星には2009年10月までに、なんと64個もの衛星が発見されているのです。土星の夜空には一体どんな光景が広がっているのでしょうか。

まるでゲーム!「火山」がスゴイ!

ごうごうと噴き出す火柱に、あふれだす溶岩…火山と言われて一般的に思い浮かべるイメージはこんなものでしょうか。

しかし、土星の衛星の1つであるエンケラドスには、世にも奇妙な「氷の火山」なるものが存在するのです。氷の割れ目から水やメタンを吹き出すそうで、まるでゲームの世界ですね。

水より軽い!?「重さ」がスゴイ!

地球の9倍と想像もつかない大きさを誇る土星。名前に「土」を冠していることから、どっしり重いイメージがあるかもしれませんが、その中身は意外とスカスカ。水よりも軽いので、巨大なプールがあればぷかぷか浮いてしまうのです。

まさか帝国軍?「形状」がスゴイ!

64個とその数ばかりが注目されがちな土星の衛星ですが、それだけあれば個性も色々。中には、遠い昔、はるか彼方の銀河系で行われていた戦争のなごりかと思しきデス・スター状の衛星も見つかっています。

写真左がデス・スターにそっくりの衛星「ミマス(Mimas)」です。

土星を語ろう

今まで土星にあまり注目していなかった方も、土星の持つ意外な魅力が伝わったかと思います。

夜空を眺める際は、ぜひ今回紹介した「凄さ」を披露してみてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。