1. 趣味
    2. 岩手での道の駅巡りの旅行体験談と楽しむポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    岩手での道の駅巡りの旅行体験談と楽しむポイント

    旅行をすると有名な観光地を巡りたくなりますよね。岩手ですと、世界遺産で有名な平泉は行っておきたいところです。

    ですが、今回ご紹介するのは「道の駅巡り」という少しマイナーな旅行の仕方です。今回の記事では、筆者の体験を元に筆者が気に入った岩手県の2つの道の駅についてご紹介します。

    旅行の詳細

    • 時期と場所:2013年4月に青春18切符を使っての一人旅で岩手へ
    • 宿泊先:現地で車を借りて車中泊、もしくはネットカフェ
    • 目的:自由気ままな一人旅

    岩手には道の駅が30施設もあります。筆者はレンタカーを借りて、岩手県を一周する合間に道の駅巡りをしました。

    今回は1日の弾丸ツアーでしたので、10個の道の駅を回ってきました。

    観光スポットの詳細

    くずまき高原の駅

    この道の駅では、牧場が近くにあり新鮮な乳製品やお肉などが販売されていました。私はその中でも最強の組み合わせであろう「牛乳」と「ドーナツ」を購入し、車の中で食べました。

    やはり牧場の近くで飲む牛乳は格別な味がしました。また、その牛乳と一緒に食べるドーナツは、油っこくもなくサッパリとしていて美味しく頂けました。

    くずまき高原の駅は、盛岡市内から国道4号線を北上し、途中で国道281号線に進んでいくとあります。

    近くに牧場があるので、6月や8月には感謝祭が開かれます。また、ワイナリーも近くにあることから、2月にはワイン祭りが開かれます。

    白樺の里やまがたの駅

    NHK放送ドラマ「あまちゃん」の舞台となった久慈市にある道の駅です。ここでは「あまちゃん」だけでなく、「珍獣ガタゴン」も有名となっています。毎年8月にはガタゴン祭りも開かれるそうです。

    特産品コーナーには、市内で生産されている山菜や民芸品なども販売されています。また、ここではホウレンソウラーメンが観光客に人気となっています。

    くずまき高原の駅から国道281号線を海のある方へ進んでいくと、白樺の里やまがたの駅はあります。盛岡市内から「あまちゃん」のロケ地巡りをする際に立ち寄りやすい立地となっています。

    行ってみた観光スポットのよかったところ、イマイチだったところ

    よかったところ

    道の駅巡りというのは初めての体験でしたが、それぞれの道の駅でおもしろい発見がありました。

    多くの道の駅では地域の特産品や地域で採れた作物などを販売しているところが多く、場所や時間帯によっては道の駅の看板娘に出会えることもありました。

    今回の観光で、道の駅を観光スポットとして再認識出来たコトは一番良かったところです。

    イマイチだったところ

    道の駅どうしの間隔は意外と広く、全てを回り切るには2日以上かかってしまいます。この観光方法は、時間に余裕があるときに試してみると良いかもしれません。

    岩手県旅行する人に向けて観光に関するアドバイス

    岩手県では2011年3月11日に起きた地震での被害ばかりが思い出されます。しかし、岩手には被災地だけでなく様々な観光名所や楽しみ方があります。

    岩手県に訪れた際は、新しい岩手の楽しみ方を探してみてください。そして、その楽しみ方を友達などに教えて再び訪れてください。

    新しい観光の仕方を多く見つけることが、東北大震災を忘れないことにもつながります。

    おわりに

    道の駅は、ドライバーの休憩や交通情報の発信を行う施設というのが主な目的ですが、最近では道の駅ごとに地域の特色を活かした取り組みも行なっています。

    ちなみに道の駅は全国で1000施設程ありますが、道の駅が一番多いのは「北海道」の114施設で、道の駅が一番少ないのは「東京都」の1施設です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人