\ フォローしてね /

商品券と交換できる!トライアルポイントカードの使い方

24時間営業で毎日安いスーパー「トライアル」。新聞を取っていなくて広告がチェックできない、帰宅時間の遅いおひとり様女子には強い味方のスーパーです。今回は貯まったポイントを有効に活用する方法をまとめました。

この記事で紹介するポイントカード

  • ポイントの種類:トライアルポイント
  • カードの種類:トライアルポイントカード
  • 利用年数:約5年
  • ポイントを貯める場所:トライアル店舗内の食品、ベーカリー、薬局、電化製品、家具、衣類、100円均一コーナー

おすすめのポイントの使い方

3倍ポイントデーや10倍ポイントデーにお米などの高額商品を狙って買うと、あっという間に500ポイント貯まるトライアルポイントカード。500ポイント貯まるとトライアル店内で使える商品券と交換してもらえます。商品券をもらう手順をまとめました。

STEP1:サービスカウンターを探す

通常のレジではそのままポイントを利用することはできないので、サービスカウンターを探しましょう。同じ店舗でポイントカードを作った方は、カードを作った所に行けばいいので安心です。

トライアルは24時間営業ですが、店舗によっては夜間の遅い時間はサービスカウンターが閉鎖されていたり、数か所ある所が夜間は一か所のみになる場合があります。

お近くの店舗のサービスカウンターを事前にチェックしておくといいでしょう。

STEP2:ポイント交換する旨をスタッフに伝える

ポイントカードを店員さんに渡し、ポイントの交換をお願いします。ポイントは商品券になるので、お店の印鑑を押したり記入する作業があり、数分かかります。手続きは全てスタッフの方がしてくれるので、難しいことはありません。

STEP3:会計時に商品券を渡す

レジで会計をする時の合計金額が出たら、現金より先に商品券を渡します。そうすると、商品券分が割り引かれて差額を教えてもらえるので、残りの代金を支払いましょう。

交換してもらった商品券の有効期限は3か月です。使う予定の目途が立っている時に交換し、せっかく貯めたポイントが無効にならないように気を付けましょう。

おわりに

いかがでしょうか?お札より2まわり程小さいですが、頑張って貯めたポイントが立派な金券になると、達成感がありオススメです。近くに店舗がある方は是非試してみてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。