\ フォローしてね /

相場がいってこい?知ってるとちょっと面白い証券業界の相場用語20選

このライフレシピのもくじたたむ

証券業界の専門用語はとても数が多く、一般の人がそのすべてを理解することはとても大変です。

証券業界への就職や転職を考えている方にとっては、少しでも早くその用語に触れておきたいですよね。

ここでは、そのような方たちのために、知っていると今からでも使える証券業界の相場の隠語についてご紹介します。

証券業界の相場用語20選

1:甘い・ぼける・ぼんやり・だれる

マーケット全般を対象にした用語で、相場が下げ気味になることを言います。一般的に、大きく値を下げるわけではなく、下げ幅はわずかなものになります。

「途中だれる場面があったけど、エネルギー株が引っぱったね」などのように使われます。

2:アヤ

「アヤ」とは長期的に見て相場に大きな影響を与えない小さな変動をいいます。

「アヤ押し」「アヤ戻し」などのように使用されます。

3:いってこい

株価が値上がりまたは値下がりした後、結局もとの水準まで戻ってくることをいいます。

「夏休みの国内相場は結局いってこいか~」というように使います。

4:一服

相場の動きが一時的に止まって、小休止状態になることをいいます。

上昇局面で止まった場合には「上げ一服」と言い、下落局面で止まった場合には「下げ一服」といいます。

「レアメタルの価格上昇も一服したみたいだな」と言ったりします。

5:地合い

「地合い」とは相場の状況や雰囲気をいいます。

株価の先行きに期待が持てて取引量も多いときには「地合いが強い」と言い、株価の先行きに希望が持てず取引量も少ないときには「地合いが弱い」と言います。

「日経平均株価は買い優勢の地合いですね」のように使用されます。

6:しこり

「しこり」とは相場が予想に反した動きをし、売買の機会を逃してしまうことをいいます。

「しこりがある」「しこりが大きい」というように使用されます。

7:しっかり

株価がそれなりに高く下落の心配がない様子を言います。

「来週の日本株市場はしっかりとした展開が見込まれそうですね」というように使用されています。

8:曲がる・曲げる

相場が自分の予想と反対に動き、損失を被ることをいいます。予想を外してばかりの人を「曲がり屋」と言ったりします。

逆に相場が予想通りに動くことを「当たる」といいます。

9:抜く

株価が値上がりし、特定の値段を超えることをいいます。

「昨年来高値を抜いた」とか「戻り高値を抜いた」など、その株価にとって節目となる値段を超えた時に使用します。

10:深押し

「深押し」とは下がっていた相場がさらに大きく下がることをいいます。相場の下げ基調がはっきりしているときに使われます。

「ニッケルの国際相場は下がり気味ですけど深押しするほどではなさそうですね」のように使ったりします。

11:踏み

「踏み」とは損失が出ることを承知で買い戻すことをいいます。

それにより相場が高くなることを「踏み上げ」といいます。

12:ぼける

相場が下落している状態のときに使われる言葉です。上向きになっていると考えられていた相場が、少し安くなる状態を「ぼける」と表現します。

13:窓

チャート分析で使われる用語です。株価が強烈な上昇または下落に転じたときに見られるローソク足の断層をいいます。

窓が3日続けて開いた場合は、相場の天井、もしくは底のサインとみられています。

14:戻す

株式を購入後、値下がりした株価が再び値上がりし、購入したときの株価に近づいていることをいいます。

「一時売られましたが発表を受けて値を戻す動きになりましたね」といった感じで使われています。

15:もみあい

相場が小さな上下の値動きを繰り返し、これからの相場の方向性が見えないことをいいます。

「いや~、これはもみあいの展開になるんじゃないですか?」といったように使用されます。

16:ヤリ気配

「ヤリ気配」とは売り注文に対して、それに見合うだけの買いの注文がなく取引が成立しない状態をいいます。

「ヤリ」とは相場用語で「売り」という意味になります。

17:ヤレヤレの売り

「ヤレヤレの売り」とは、株価が高い状態のときに購入した株式が値下がりし、売ろうにも売れなかった人が相場が少し戻り、損失が小さくなりヤレヤレといった気持ちから売ってしまうことを言います。

18:弱含み

相場にハッキリした動きは見えないものの、なんとなく下がり気味の状態を指して「弱含み」といいます。

「業績悪化銘柄はやっぱ弱含みだね」というように使われます。

19:ろうばい売り

相場が急激に下落したときにその勢いに驚き、慌てて売り注文を出すことをいいます。

「景気悪化の深刻化の見通しからろうばい売りが広がったね」と言ったりしています。

20:割り負け

「割り負け」とは企業内容や業績が似ている他の銘柄と比較して安いことをいいます。

また、割り負けしていた銘柄が合理的な株価まで戻すことを「割り負け訂正」といいます。

おわりに

ここでは、証券業界の用語についてご紹介しました。この用語を巧みに活用し、証券マンの仲間入りを目指してみてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。