\ フォローしてね /

カビがごっそり…!酸素系漂白剤で洗濯槽のカビを取る方法

洗濯機も定期的に掃除をしないと、カビが発生するケースがあります。目に見えてなくとも、洗濯槽だけでなく、ふたの裏側にも菌がついているのです。こちらでは酸素系漂白剤とお湯を使った、洗濯機のお手入れ方法を紹介しています。準備するものから洗濯機の機能にいたるまで、お掃除の手順を細かく説明しているので、家事初心者はまず目を通しておくことをお勧めします。洗濯物に黒い物体がついてしまう前に、普段から掃除を徹底しましょう!
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • こんなときに!

    洗ったはずの洗濯物からカビの臭いがしたり、湿気の多い場所で使っていると、洗濯槽にカビがびっしり生えているかも…この方法でワカメみたいに収穫しちゃおう!

  • ここが便利!

    専用薬剤を買わなくても、普段のお洗濯に使える「酸素系漂白剤」で洗濯槽の「ごっそりカビ」が取れる。ゴシゴシこするような重労働はナシ!

  • ワンポイント

    酸素系漂白剤は40~50℃のお湯で高い効果を発揮するので、お風呂上がりのほかほかの残り湯でやると更に効き目バッチリ。

洗濯物に、ベトッとした黒いものが付いてくることがありませんか。この黒いものは、洗濯槽の裏側に溜まった黒カビなどの汚れが、剥がれてきたものです。

きれいに洗うはずの洗濯槽の裏側がカビだらけ…なんてゾッとしますね。ここでは縦型全自動洗濯機でのカビ取り方法をご紹介します。

この方法はドラム式でやっても大丈夫?1
酸素系漂白剤を大量に使用するカビ取りを、密閉ドアが閉まるドラム式洗濯機で行うと、安全のために、大量発生した泡を自動で排出する可能性があります。カビ取りする前に薬品が排出されてしまい、結果的にうまくカビ取りできません。ドラム式のカビ取りは安全上、メーカー指定の方法で行ってくださいね。

準備するもの

  • 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)…お湯10Lあたり100gが目安。50Lの洗濯槽なら500g
  • ゴミ取り用網…黒カビを取り除くのに使います
  • 洗面器など…取り除いた黒カビを入れるのに使います
  • 洗濯槽いっぱいのお湯(40~50℃)

我が家の場合、お湯はお風呂の残り湯を追い焚きして使っています。

カビとり方法

所要時間は6~8時間ですが、作業時間は実質1時間くらいです。

糸くずネットは先に取り外してもOK
工程の途中で糸くずネットを外しますが、肌が敏感な方や、酸素系漂白剤が溶けたお湯に手を入れたくない方は、最初に糸くずネットを取り外しておきましょう。

STEP1:酸素系漂白剤をお湯に溶かす

洗濯機にためるお湯10Lあたり、100gの酸素系漂白剤の粉末をお湯に溶かします。大型の洗濯機ほど大量に使うので、安い大袋で購入しておくのがオススメです。

失敗しないために目安量は守って
本当は500g必要なところを自己判断で250gにするなど、分量を大幅に減らすと薄まりすぎて効果が得られなくなってしまうので、目安量を守ってください。
沸騰したお湯を入れると危険!2
温度の高いお湯を注ぐと、泡が噴き出す可能性があります。非常に危ないので、沸騰しているお湯は避け、触れる程度の温度かどうか確かめてから注ぎましょう。効き目も落ちてしまうので温度は守りましょう。

STEP2:酸素系漂白剤を溶かしたお湯を洗濯機にためる

お湯に溶かした酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を洗濯槽に投入し、お風呂の残り湯を高水位まで入れます。必ず水位いっぱいまでお湯を入れましょう。酸素系漂白剤は40~50℃のお湯で高い効果を発揮します。お風呂の残り湯なら追い焚きして40~50℃にしたほうが効果的です。

お湯の汲み上げができない場合は、洗濯槽に半分水をためてから、熱いお湯を足して温度を上げると良いでしょう。

必ず水を先に入れてから熱湯を注ぐこと!
熱いお湯を足すときは、必ず水を先に入れましょう。洗濯槽を痛める場合があります。お湯を入れ過ぎて50℃以上にならないように、また、洗濯槽に直接お湯をかけないように気をつけてください。

STEP3:「洗い」コースで2、3回かき混ぜる

標準コースの「洗い」のみに設定し、洗濯槽の様子を見ながら3~5分くらい回します。これを1、2回繰り返します。

STEP4:糸くずネットを取りはずす

外側の槽から循環した水が、内側の槽に十分流れ込むようにするために、洗濯槽内の糸くずネットを取り外しましょう。

「酸素系」なので肌に触れても大丈夫
「酸素系」漂白剤を溶かしたお湯は、肌に触れてもきちんと洗い流せば問題ありません。水に手を入れたくない場合は最初に取り外しておきましょう。

STEP5:一晩置き、浮き出てきたゴミを丁寧にすくいとる

一晩放置した後、「洗い」で洗濯機を回しながら、浮いてくる黒カビや石鹸カスを網できれいにすくい取ります。これらが浮いてこなくなるまで「洗い」を繰り返した後、排水し「脱水」します。

そこの黒カビはふき取る
排水の際に洗濯層の底に黒カビなどが溜まっていたら、ティッシュなどできれいにふき取ってください。

STEP6:仕上げのすすぎをして終了!

きれいな水を高水位まで入れ、「洗い」→「すすぎ」→「脱水」をします。

出てこなくなるまで「すすぎ」をする
ここで黒カビが出てくる場合は、ゴミを網ですくい取り、STEP6を2度繰り返してください。

定期的に掃除しよう

筆者の場合、あるときなんとなく洗濯物から洗剤とも違う変なにおいがしたり、洗い上がった子ども用の真っ白いタオルに黒カビが付いているのを見つけて、とてもショックを受けました。

洗濯槽の掃除を1~2ヵ月に1度、定期的にきっちりとやれば、洗濯物のイヤなにおいや黒カビが付いてくることもなくなります。実際の作業時間は短いので、ぜひ試してみてください。

生乾き対策にもおすすめ
酸素系漂白剤は生乾きの嫌なニオイにも効果的です。部屋干しの生乾き対策にもぜひ!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年06月27日「ドラム式での使用注意」について追記しました。
  • 22018年06月27日「お湯の温度」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。