\ フォローしてね /

100円均一アイテムを使って窓をいつまでもピカピカに保つ方法

このライフレシピのもくじたたむ

窓拭き掃除は、大変ですよね。せっかくピカピカにするんだから、できるだけそのままの状態を保ちたいですが、なかなかそういうわけにはいきません。

雨が降ったり、チリや排気、黄砂などによってすぐに汚れてしまいます。

ここでは、ピカピカを保つ窓の拭き方について書きます。

新聞紙を使います。インク油によってツヤが出ます。昔からよく知られる生活の知恵ですが、ここに100円均一でゲットできるアイテムをプラスさせるのです。

用意するもの

  • 新聞紙
  • ぬるま湯
  • がんこな汚れには窓拭き専用の洗剤を。
  • ガラス撥水コーティングシート

ガラス撥水コーティングシートは、100円均一の車用品コーナーに売ってます。一般的に車の窓拭きに使うものです。手が汚れず、手軽に使える不織布シートで、家の窓拭きに使いやすいアイテムです。

やり方

STEP1:濡らした新聞紙を使用

まず、くしゃくしゃに丸めた新聞紙をぬるま湯で濡らし、窓をくるくるこすります。大抵の汚れは、この段階で綺麗になります。

なかなか落ちない汚れがあれば、きつめに絞った新聞紙でさらにこすりましょう。

STEP2:濡れていない新聞紙を使用

次に、濡れていない新聞紙を丸めて、細かく円を描くようにしながら、右上から左へ、左から右へ、少しずつ下へずらすように拭いていきます。

最後チェックして、なかなかとれないひどい汚れが残っているようなら、窓拭き専用の洗剤を少量使いましょう。

直線的に拭いていくと、拭き跡が残ることがあるので、必ず円を描くように拭きましょう。

STEP3:ガラスをコーティング!

新聞紙のインク油のおかげで、ピカピカになったガラス。このまま維持させるために、ガラス撥水コーティングシートを使い拭きましょう。

不織布なので、繊維が残ることなくさらにピカピカに仕上がりますよ。雨をはじきますし汚れにくくなるので、いつまでも綺麗な状態が続きます。

おわりに

新聞紙を使う窓拭きなどの生活の知恵は、割と知られていますが、そこに100円均一で手に入るアイテムを組み合わせることで、さらにかしこいお掃除術になるというわけです。

100円均一に行って、「コレ使えるかも」というものを見つけてみてください。家事が楽しくなります。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。