\ フォローしてね /

高校国語「五十歩百歩」の読解ポイント

五十歩百歩という言葉をご存知でしょうか?

「どちらも大して変わらない」という意味ですが、その由来となった漢文を紹介します。

「五十歩百歩」

孟子対曰、王好戦。請以戦喩。填然、鼓之、兵刃既接。棄甲曳兵而走、或百歩而後止、或五十歩而後止。以五十歩笑百歩、則何如。

曰、不可。直不百歩耳。是亦走也。

書き下し文

孟子対へて曰はく、「王戦ひを好む。請ふ戦ひを以て喩へん。填然として、之に鼓し、兵刃既に接す。甲を棄て兵を曳きて走る、或いは百歩にして後止まり、或いは五十歩にして後止まる。五十歩を以て百歩を笑はば、則ち何如。」と。

曰はく、

「不可なり。直だ百歩ならざるのみ。是れも亦走るなり。」と。

現代語訳

孟子は次のように答えました。「王は戦いを好まれますので戦いにたとえさせてください。太鼓を打って、両軍の兵士が近接し武器を交えています。(恐怖におびえた兵士が)よろいを捨て、武器をひきずって逃げ始めました。ある兵士は百歩逃げて止まり、ある兵士は五十歩逃げてから止まりました。五十歩逃げた兵士が、百歩逃げた人を(臆病だと)笑いました。いかが思われますか?」

恵王は言います。「それはだめだ。百歩ではないというだけだ。五十歩の者も、また逃げたことにかわりはない」

重要な句法

  • 則(すなはち)何如(いかん):「どうでしょう」という問いの意味です。
  • 亦:「~もまた」という意味です

読解のポイント

五十歩百歩という言葉を知っていると、自然と読解しやすいと思います。

おわりに

このお話は 紀元前3世紀頃に孟子という儒学者が「梁恵王上」という書に書かれたものです。

人間は自分に甘いことを自覚しなさい、という深い意味が隠されています。自分には厳しくありたいものですね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。