\ フォローしてね /

ギョウザ好きにおすすめ!ギョウザ風味のつけ麺の作り方

つけ麺といえば、焼き豚が刻んであってメンマやゆでたまごが入っている、とんこつ系のつゆに極太麺というものが多いですね。

筆者の家ではギョウザ風味のつけ麺を作っておりますので、ご紹介いたします。つけ麺が好きで、ギョウザが好きならば一度試してみる価値ありです。

材料(5人強分)

  • 極太生麺・・・8玉
  • サラダオイル・・・大さじ2
  • 豚ひき肉・・・140g
  • 刻み野菜・・・200g
  • しめじ・・・1株
  • 水・・・600cc(スープ用)
  • 鶏がらスープの素・・・大さじ2
  • 昆布ポン酢・・・100cc
  • 塩コショウ・・・少々(お好みで)
  • ナンプラー・・・大さじ1
  • ラー油・・・少々(器にお好みで)

作り方(調理時間:50分)

STEP1:鍋にサラダオイルを入れて温める

鍋にサラダオイルを大さじ2入れて、中火で30秒熱します。

STEP2:豚ひき肉を炒める

豚ひき肉を投入して中火で2分炒めます。

STEP3:刻み野菜を入れて炒める

ギョウザの具として売っている刻み野菜(キャベツとニラ)を袋から鍋に200g投入します。

肉を多くしたり、お好みでニンニクを入れてもいいと思います。そのまま中火で2分炒めます。

スーパー等で売っている刻み野菜(ギョウザの具)が200gに満たない場合は分量が少ないほど、つゆのボリューム感がなくなりますので最低100gは欲しいです。

STEP4:しめじをカットする

しめじの株の一番下の石突を5mmカットします。

STEP5:しめじを投入する

しめじを2~3本ずつ千切って鍋に入れて、さらに中火で2分炒めます。

STEP6:水を投入する

水を600cc投入して、強火にして約1分で沸騰します。

STEP7:鶏がらスープの素を投入する

鶏がらスープの素を投入して中火に切り替えて10分煮込みます。

アクが出てきたらお玉ですくって捨ててください。

STEP8:味付けをする

昆布ポン酢を100cc投入して味見をして、薄く感じたら塩コショウで味を濃くしましょう。

ナンプラーを入れて風味を出します。

STEP9:汁の出来上がり

軽く鍋蓋をずらして中火で最後に1分ひと煮立ちさせて出来上がりです。

STEP10:大鍋に8分目に水を入れて沸騰させる

強火で沸騰させます。時間は水量火力によります。ぶくぶくと沸騰し、写真のような状態になったらほぐしておいた麺を一気に入れます。

STEP11:大鍋に麺を入れる

麺を8玉も一気に入れると沸騰は終わり、泡は出なくなります。強火のままで2分ほど蓋をして再沸騰を待ちましょう。

STEP12:沸騰したら麺をゆで上げる

本日の太麺は5分のゆで時間です。従って、再沸騰してから中火でさらに3分ゆでました。

麺袋に記載されているゆで時間を守りながら麺をほぐしてください。

STEP13:ゆで上がった麺を冷やす

ボウルに冷水を張っておいて、麺がゆで上がったら一度くぐらせてからザルで水をかけてさらに洗って冷やして水を切ります。

大盛り1人前ずつ小分けにして、この作業を繰り返しながらラーメンどんぶりに移していきます。

STEP14:完成!

ラーメンどんぶりに麺を、別の器にギョウザ汁を盛って出来上がりです。

上手に作るためのポイント

つゆは味見をしてご自分の好みの塩加減に調整してください。

麺はメーカーの指定ゆで時間を守ってください。

さいごに

シコシコして冷たく、ちょっと酸っぱくて辛いギョウザの味のつけめん麺大盛りをいただきました。みなさんもぜひお試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。