\ フォローしてね /

たこ焼き器を使って簡単成形!焼きシュウマイの作り方

たこ焼き器を使ってシュウマイの成形から焼きまで、簡単に仕上げるレシピの紹介です。

ビニール袋でシュウマイの肉だねを作り、搾り出して皮に詰めます。あとはたこ焼きと同じように、コロコロ返して焼き上げます。

用意するもの(20個分)

材料

  • シュウマイの皮......20枚
  • 豚ひき肉......350g
  • 玉ねぎ......中1/2個
  • 塩麹......大さじ1と1/2
  • 砂糖......大さじ1と1/2
  • 油......小さじ1位

道具

  • たこ焼き器(電気タイプ、直径4センチ×20個のものを使用)
  • 厚手で大きめのビニール袋
  • 油を塗る刷毛
  • 竹串

作り方(調理時間:30分)

STEP1:豚ひき肉をこねる

袋に豚ひき肉・塩麹・砂糖を入れ、袋の中でよく混ぜ合わせます。ひき肉の粒々が無くなるまで、こねるようにしてください。

STEP2:玉ねぎを加え混ぜる

玉ねぎをみじん切りにして、袋に入れます。玉ねぎとひき肉が均一に混ざるまで、袋を揉みこみます。

STEP3:たこ焼き器に油を塗る

たこ焼き器に刷毛などを使って油を塗ります。

まだ電源は入れないでください。

STEP4:シュウマイの皮をセットする

たこ焼き器の穴にシュウマイの皮を、1枚ずつ押し込んでいきます。

STEP5:ひき肉を詰める

肉の袋の角を1.5センチくらい切り、袋を絞って肉を皮に詰めていきます。

STEP6:シュウマイを焼く

たこ焼き器の電源を入れます。約3分半を目安に、肉汁の出始めたものから返していきます。すべて返したら、竹串などでシュウマイをコロコロ回転させて焼き目をつけます。

焼き始めから約8~9分で電源を切ります。余熱で1分おきます。焦げが心配なときは、余熱中も返し続けてください。

STEP7:完成!

こんがり焼けたら出来上がりです。しょうゆなどをつけてお召し上がりください。

こだわりポイント

手が汚れないこと・皮に詰めやすいことから、袋を使用したほうが作業の効率がよいです。薄い袋は破れやすいので、ジッパー付きの厚めのものを使います。

それから、蒸しシュウマイのふんわり感を、焼くことで損なわないように、調味料に塩麹を使用しています。

注意点

たこ焼き器の種類によって、焼き時間が違うと思うので、上記は目安としてください。また、肉汁で焦げ付きやすいのでご注意ください。

作る人数にもよりますが、一度にたくさん焼くのは、返しに時間がかかるので大変です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。