\ フォローしてね /

重曹を使って簡単に!トイレのタンク内側の汚れを防止する方法

トイレのタンクの中は普段は見る事は無いので気付かない事が多いのですが、中はカビや水垢で結構汚れています。

重曹はタンク内の水垢やカビを除去する効果があると言われます。環境にも優しく安価で使い易いです。

ここでは、重曹を使った手間入らずのトイレのタンクの内側の汚れを防止する方法を紹介します。

掃除のタイミング

月に1~2回くらい掃除します。就寝前またはお出かけ前にするのがおすすめです。

用意するもの

  • 重曹1カップ

トイレのタンクの内側の汚れ防止方法のやり方

STEP1:上蓋を外す

上蓋をはずします。

落として割らないように注意しましょう。

STEP2:重曹を投入

カップ1杯の重曹をタンクに入れて、蓋を元にもどします。

STEP3:時間を置く

最低でも5~6時間以上置いておきます。あとは翌朝または帰宅後に、普通に流すだけです。

注意する事

重曹を入れてから汚れを落とすのに時間が掛かります。重曹を入れた事を忘れてトイレを使って直ぐ流してしまったときは、また入れてください。

おわりに

いかがでしたか。タンク内の水が汚れていては便器内を綺麗に掃除しても、また汚れてしまいます。入れたら放っておくだけの簡単な方法なのでぜひ参考にして下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。