\ フォローしてね /

例文で覚えよう!高校英語「比較」の学び方

比較の問題は中学・高校と続けて学習しますが、苦手としている人も少なくないようです。高校英語で学ぶ比較の問題は、例文で覚えて確実に身に付けましょう。ここでは確実に押さえておきたい比較の例文を紹介します。

The 比較級 ○○, the 比較級 △△.

The 比較級 ○○, the 比較級 △△.

訳は「○○すればするほど△△。」です。頻出です。

例文

The higher you climb up, the colder it becomes.

訳は「高く登れば登るほど寒くなる。」です。

この例文は次のように書き換えることもできます。

If you climb up higher and higher, it becomes colder and colder.

than をつかわない比較

「~よりも」をあらわすthanの代わりに、toをつかうものがあります。これらは成句として覚えましょう。

senior to~, junior to~

  • My brother is senior to your sister.
  • Your sister is junior to my brother.

解説

  • ぼくの弟は君の妹よりも年上だ。
  • 君の妹はぼくの弟よりも年下だ。

seniorのかわりにolderを使うとこのようになります。

My brother is 2 years older than your sister.(ぼくの弟は君の妹よりも二歳年上だ。)

superior to~, inferior to~

  • The wine you gave me is superior to this wine I bought.
  • This wine is inferior to the wine you gave me.

解説

  • 君がくれたワインは、私が買ったワインより上等だ。
  • このワインは、君が私にくれたワインより出来が悪い。

no/not more/less than~

「no/not more/less than~」でできる以下の四つの構文は確実に覚えましょう。

例文

  • I have no more than 1000 yen.
  • You have not more than 1000 yen.
  • She has no less than 1000 yen.
  • He has not less than 1000 yen.

解説

  • 私は1000円しか持っていない。
  • 君はせいぜい1000円しか持っていない。
  • 彼女は1000円も持っている。
  • 彼は少なくとも1000円は持っている。

例文はそれぞれ以下のように書き換えられます。

  • I have only (=no more than) 1000 yen.
  • You have at most (=not more than) 1000 yen.
  • She has as much as (=no less than) 1000 yen.
  • He has at least (=not less than) 1000 yen.

一番たくさん持っているのは「彼」。一番持っているお金が少ないのは「君」ということになります。

「not」が付いた方(not more than・not less than)は、量が不確定です。

鯨構文(A is no more B than C is D)

頻出の例文です。混乱する前に丸暗記しましょう。

例文

A whale is no more a fish than a horse is ( a fish ).

解説

A is no more B than C is (D) は、「CがDでないようにAはBではない」となります。

例文は、「馬が魚ではないように、鯨は魚ではない」(鯨が魚ではないのは馬が魚ではないのと同様だ)となります。混乱しやすいので、この例文ごと覚えてしまうことをお勧めします。

A is no less B than C is D

鯨構文ほど頻出ではありませんが、セットで覚えましょう。

例文

My sister is no less irritable than my mother is.

解説

A is no less B than C is (D)は、「CがDであるようにAはBである」となります。

例文は、「僕の母が怒りっぽいように僕の妹は怒りっぽい」(→僕の妹は僕の母と同じように怒りっぽい)となります。

肯定文+much more、否定文+much less

例文

  • She can speak French, much more English.
  • He cannot speak English, much less French.

解説

肯定文+much more~:なおさら~だ(できる)
否定文+much less~:なおさら~ではない(できない)

  • 彼女はフランス語を話すことができる。英語はなおさらだ(もちろん話せる)。
  • 彼は英語を話すことができない。フランス語はなおさら話すことができない。

おわりに

比較級を用いた構文や成句は、後半の文章が省略されているケースが多いので、例文ごと確実に覚えて意味を把握しておくことをお勧めします。例文で覚えると、英語のリズムも同時に身に付けることができるというメリットもあります。例文で覚えて繰り返し使って、比較を得意分野にしてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。