1. 暮らし
    2. 段ボール仕切りを使って収納する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    段ボール仕切りを使って収納する方法

    段ボールで仕切りを使ったアイデア収納術をご紹介します。

    家のどこの収納にダンボールを使用しているのか

    著者は段ボールで仕切りを作って、タンスの引き出しに入れています。特に、下着や靴下など小さな衣類を分別して収納するときにこの仕切りを使用しています。

    使用しているダンボールのサイズ・個数・入手方法

    • 段ボールのサイズ:どんな大きさでもOKです段ボール仕切りを入れたい引き出しの大きさに合わせて段ボールを切って使用します。
    • 個数:1個で複数個仕切りが作れます。
    • 入手方法:近所のスーパーで貰っています。

    収納アイデア

    STEP1

    作りたい仕切りの大きさに段ボールを切ります。

    STEP2

    段ボールの真ん中に半分くらいまで切り込みを入れます。

    STEP3

    切り込みどうしをはめ合わせて仕切りの完成!

    STEP4

    このように、タンスの引き出しの大きさに合わせて、段ボールで仕切りを作り、4か所に収納スペースを分けて、種類ごとに収納します。

    収納のポイント

    タンスの中でごちゃごちゃしがちな小さい衣類も仕切りを付けることによって、スッキリと収納することができます。

    ダンボールを使用するメリット

    段ボールは耐久性があるので、よく衣類を出し入れする引き出しで使っていても、すぐにくたってしまうことはありません。

    段ボール仕切りはハサミで切って簡単に作れるのもよいと思います。

    ダンボールの収納での注意点

    スーパーで貰える段ボールを使用する場合、野菜などが入っていたものは中身が汚れている場合があるので、お菓子や日用品などが入っていた段ボールを使用するとよいです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人