\ フォローしてね /

太刀魚の塩焼きで試す!オーブンを使った塩焼きのやり方

太刀魚の塩焼きを例に、オーブンを使った塩焼きのやり方を説明します。

塩焼きとは

塩焼きとは、食材に塩をふりかけたり、揉みこんだりして塩味をつけてから焼く調理法です。

魚の表面に塩を加えると、身がしまり形がくずれずによく焼けるということで、魚の調理法としてよく用いられます。

塩のみのシンプルな味付けで、素材の味をしっかり味わえるところも塩焼きの良いところです。

材料と用意するもの(3人分)

材料

  • 太刀魚の切り身・・・6切れ(1切れ40~50グラム)
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2

用意するもの

  • クッキングシート
  • キッチンペーパー

作り方(調理時間:約45分)

STEP1:酒をふりかける

太刀魚の両面に酒をふりかけます。

酒は魚の臭みをとるためにふりかけるので、鶏肉など臭みの少ない食材の場合はふりかけなくてOKです。

STEP2:塩をふりかける

塩を両面にふりかけ20分くらい置きます。

肉の場合は、塩をふりかけて揉みこんでおきます。

STEP3:水気をとる

酒と塩をふりかけた太刀魚を、キッチンペーパーでやさしく包み表面の水気をふきとります。

STEP4:オーブン皿に並べる

クッキングシートを敷いたオーブン皿に太刀魚を並べます。

STEP5:オーブンで焼く

200度(予熱なし)のオーブンで20分焼きます。

食材によって焼き時間は調整してください。鶏肉など厚みのあるものであれば30分くらい焼きます。

STEP6:完成!

表面に焼き色がついて、ジュージューと食材から音がしたら完成です。

さいごに

オーブンだと均等に火が通るので、食材にきれいな焼き色をつけることができます。

魚の場合はコンロのグリルで焼くよりも、オーブンで焼くほうが洗い物も減り、きれいな焼き色に仕上がるのでおすすめです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。