\ フォローしてね /

ベランダ菜園ならこれがオススメ!プランターで作れる野菜

狭いベランダに9号前後のプランターを並べて育てています。

これまで育ててきた野菜

キュウリ、茄子、ミニトマト、オクラ、ゴーヤー、モロヘイヤ、空芯菜、ししとう、ハネギ、シソ、バジル、コリアンダー、エゴマ、茎ブロッコリー、白菜など、3年かけていろいろなものを育ててみました。一番最初に育てた野菜はミニトマトでした。

以下、その中でも特に簡単に収穫できるものをご紹介します。

プランターでも驚くほど収穫できる野菜

ししとう

水を切らさないようにさえすれば、大量の収穫が期待できます。水を切らすと収穫が減るだけでなく成った実がすごく辛くなるので注意。

5月頃にホームセンターなどで苗が買えます。種からより苗から育てるのをお勧めします。

ミニトマト

脇芽かきをマメにやったり、伸びてきた茎を支柱に巻き付けたり、少し世話が焼けますが、一度実がなり始めると長い間収穫できるようになります。

これも5月頃にホームセンターなどで苗が買えます。種からより苗から育てるのをお勧めします。

バジル

ミニトマトと一緒に植えると、害虫から守ってくれたり生育を促進したりしてくれます。葉もたくさんなるのでサラダにパスタにと使い出があります。

種から育てると時間がかかるので、苗から育てることをお勧めします。

空芯菜

発芽するまでに時間がかかりますが、根気よく世話し続けるとワサワサと脇芽が出てきて、長く収穫することができます。苗は売っているのを見たことが無いです。

初心者におすすめ!日当りが悪くても育つ野菜

シソ(大葉)

日陰でも長い期間大量の収穫が見込めますよ。日向でももちろん育ちますが、その場合は土が乾かないように注意が必要です。苗から育てましょう。

エゴマ

家で育てる野菜としてはあまり馴染みが無いですが、日陰でも育つ上に1鉢でも十分収穫できるのでオススメです。種からでも簡単に育てられました。

家庭菜園で育てる野菜・果物を選ぶ際のポイント

プランターでもよく育つものを選ぶ

ベランダ菜園では、土を大量に必要とするジャガイモのような根菜や、トウモロコシのような背が高くなる野菜(=根が深くはるもの)を育てるのは難しいので、プランターのように少ない土でもよく育つものを選びましょう。

日当りが悪くても育つものを選ぶ

どんなに日当りの良いベランダでも、360度どこからでも日が射す畑に比べるとやはり日当りが悪いので、シソやエゴマのような日当りが悪くても育つ野菜を選ぶことをお勧めします。

おわりに

3年前から始めたのですが、ごく一般的なアパートの狭いベランダでもこれだけ野菜が育てられるということには自分でも驚きました。

ここに紹介したものは本当に簡単に育てられますので、ぜひ挑戦してみてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。