\ フォローしてね /

千葉県野田市「清水公園」への旅行体験談

ここでは、筆者が2013年のGWを利用して旅行した千葉県野田市への旅行体験談をご紹介します。

旅行の詳細

旅行の1日目に、主に野田市観光をしました。日本の桜の名所100選にも選ばれている「清水公園」でお弁当を持参して1日遊びました。

その後「もちもちの木」というラーメン屋さんに行って、夜は野田市にあるビジネスホテルに宿泊しました。

翌日は、埼玉にあるイオンレイクタウンで買い物をして帰りました。

費用

  • 宿泊費:15,000円(大人2人、幼児無料)
  • 清水公園駐車場代:800円
  • 花ファンタジア入園料:1,500円(大人2名)
  • ポニー牧場入園料:900円(大人2名)
  • ガソリン代:5,000円
  • 飲食代:6,000円程度(2日間)

自然がいっぱいの清水公園

自然がいっぱいの清水公園には、アスレチックやボート乗り場などの他、バーベキューが楽しめる広場やポニーや動物と触れあえるミニ牧場など様々な楽しみがありました。

園内は、ツツジや藤の花の季節で、とても綺麗でした。筆者は、夫と2歳の娘と一緒に行きました。広場に行って、ビニールシートを敷いてお弁当を食べました。また、持参したボールやバドミントンで遊びました。

その後、花ファンタジアで様々な花を見ながら散歩をしました。花ファンタジアのエリアは広く、食事ができるレストランもありました。

次に、ポニー牧場に行ってポニーを触らせてもらいました。まだ2歳の娘はポニーに乗ることが出来ませんでしたが、馬にニンジンをあげたりと触れあうことが出来ました。

別のコーナーにはウサギと山羊との触れあいコーナーがあり、エサをあげたり抱っこしたりすることが出来ました。

清水公園のWebサイトはこちらです。

よかったところ・イマイチだったところ

よかったところは、自然や動物との触れあいです。緑がいっぱいの広場を駆け回ったり、馬とウサギに触れあえたりしたことが娘にとっても良い経験になったと思います。

イマイチだったところを挙げるならば、娘がまだ幼いので年齢制限でアスレチックやボートに乗れなかったことです。

小学生ぐらいの大きさになると、失敗すると水に落ちてしまうハラハラドキドキの水上アスレチックなども楽しめるので良いと思います。

清水公園に旅行する人に向けてアドバイス

清水公園は、日本桜の名所100選にも選ばれている場所なので、4月の始めなど桜のシーズンを狙うのも良いと思います。

出店や露店も出るそうです。ビニールシートにお弁当持参で行くと、ピクニック気分が味わえて楽しいです。

水上アスレチックや水の出る巨大迷路のアクアアドベンチャーなどを楽しみたい場合は、着替えとタオル持参で行くと安心して楽しめます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。野田市は千葉県と言っても、埼玉や東京よりなのでアクセスしやすいと思います。清水公園は、入園自体には料金もかからないのでリーズナブルな旅行になりました。

自然を満喫したい!植物が好きだ!という方にオススメです。筆者の経験が少しでもお役に立てば幸いです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。