\ フォローしてね /

汚れを移す!洗濯物のお茶の汚れの落とし方

このライフレシピのもくじたたむ

お茶の汚れはなかなか取りにくいものですね。小さなお子様のいらっしゃる家庭では、麦茶などをこぼしてしまうこともよくあるのではないでしょうか。今回はお茶の汚れの落とし方を麦茶の例で紹介します。

準備するもの

  • 色柄物用液体漂白剤(ワイドハイターなどの酸素系漂白剤)
  • ぬるま湯
  • 下に敷く為の古いタオル
  • 洗剤をつける小さめの布

手順

食事用ナプキン(黄緑色)で実践します。

STEP1:お湯に漂白剤を溶かす

30~40度くらいのお湯に漂白剤を溶かします。分量はパッケージの表示を参考に、つけ置き洗いの濃度を目安にします。

STEP2:漂白液をつけた布で汚れを移す

タオルの上に洗濯物を裏向き(汚れのついた方が下)に置き、漂白液を軽く絞った布でトントンと叩くようにして汚れを下のタオルに移します。

汚れのついた部分とその淵の所も念入りに、ぼかすようにして液をしみこませながらたたいて下さい。

時々めくってみて汚れが移っていたら、敷いているタオルの位置をずらしてキレイな所でさらにトントンと叩きます。

STEP3:そのまま洗濯機で洗う

汚れが全部移ったら、そのまま洗濯機でいつも通り洗います。

終了

これでキレイに汚れは落ちています。

注意点

時間が経つとしつこいシミになるので、なるべく早く洗うことが大事です。時間が経って濃いシミになった場合はSTEP2をした後に、洗面器などで漂白液に30分ほど浸けこんで下さい。

白の肌着などは塩素系衣類用漂白剤を使うとさらに効果があります。ただし繊維を傷める可能性もあるので時間などは表示の目安の範囲で行って下さい。

また、下に敷くタオルに汚れが移ったら、必ず場所を移動して下さい。そのままにしているとまた汚れが逆戻りすることもあります。

おわりに

参考になりましたか。著者は麦茶に限らずお茶全般このやり方で対処しています。繊維の種類によって時間のかかるものもありますが、できるだけ早く洗うことが大切ですね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。