\ フォローしてね /

型くずれに注意!綿素材ニットの洗濯方法

綿素材は、吸湿性が良く着心地が良いので幅広く衣類に利用されています。洗濯や漂白がしやすく、一般的には家庭で簡単に洗える素材と思われていると思います。

ですが、綿素材の衣類の中には洗濯でシワになったり、縮んだり、色落ちしたりすることもあるので注意が必要です。ここではそんな綿素材の、ニットの洗濯方法を紹介します。

「綿」素材を見分ける方法

綿素材のニットを洗濯するときに見分けるには、襟の内側や服のサイドの内側に洗濯表示が付いているので、まずはここを見ます。

写真の著者が今回洗うニットはコットンと書いてあるので、綿素材なのがわかります。また、洗濯機で優しい水流を使った水洗い可の記載が有り、平干しをするように書かれています。

中性洗剤を使うようには記載されていませんが、お洒落着には使われる事をお勧めします。

洗濯で使用するもの

  • デリケート用洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
最初の写真の2枚の綿ニットは同様にして洗濯しているので、ここではタートルネックの綿ニットの方の洗い方を紹介します。

洗濯の手順

STEP1:裏に返す

裏に返し、汚れ易い襟や袖口を表に出して洗いやすくします。

STEP2:洗濯ネットに入れる

袖の絡まりなどで生地を傷めないように、洗濯ネットに入れます。

洗っている間に出てしまわないように、洗濯ネットのファスナーをしっかり閉めます。

STEP3:洗濯機へ入れる

洗濯ネットごと洗濯機へ投入します。

STEP4:洗剤を入れる

デリケート用洗剤を容器に記載してある規定量入れます。

STEP5:柔軟剤をセットする

柔軟剤を容器に記載してある規定量セットします。

洗濯機の種類でセットの仕方が異なるので仕様書で確認して下さい。

STEP6:洗濯機の設定をする

「優しい水流で水洗い」をするという内容の設定をします。

STEP7:シワとりをする

洗濯が終わったら脱水後すぐに、洗濯機から取り出します。洗濯ネットから出して肩の部分を両手で掴み全体を軽く振ってシワを取ります。今回著者は写真を撮っていたので片手を使ってシワを取っています。

脱水後長く放置するとシワになります。
また、いつものように強く叩いてシワとりすると、毛が寝てしまい仕上がりがぺたっとしてしまいます。

STEP8:平干しする

手で形を整えてから、風通しの良い日陰で平干しします。綿ニットは乾燥機で乾燥すると縮む事が多いので自然乾燥がお勧めです。またハンガーに掛けると重みで縦に伸びてしまいますので、平干しをお勧めします。

平干し用のネットが無い場合はバスタオルを敷くと良いです。

注意する事

綿の素材の衣類には様々の物が有り特に綿ニットは、タオル、下着やTシャツのように簡単に洗濯すると型くずれするので注意が必要です。

色物は洗う前に内側の目立たない所に、綿棒で洗剤を付けて色落ちの程度をチェックして下さい。

おわりに

いかがでしたか。ここでは綿ニット素材の洗い方を紹介しました。ぜひ参考にして丁寧に洗って、お気に入りの綿素材の服を長く楽しんで下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。