1. コミュニケーション
    2. 尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    尽力(じんりょく)の意味と正しい使い方

    ビジネスメシーンの文章でよく使われる「尽力」という言葉をご存じでしょうか?尽力とは、文字通り「力を尽くす」という意味で、「目標達成のために尽力する」といったように使いますが、目上の方や仕事の依頼者に使うのはOKなのでしょうか?こちらでは、具体的な文章例も交えて、基本的な意味と気をつけるべきポイントを紹介しています。社内の研修で教わった気がするけれど、今更聞けない「尽力」という言葉の使い方をマスターしておきましょう!

    たまに耳にする「尽力」という言葉。うまく使えると便利な言葉ですが、意味と使い方はしっかりと把握しておきたいものですね。

    尽力とは?

    尽力とは、漢字の通り「力を尽くす」という意味で、たとえば「目標達成のために尽力する」といったように使います。

    なお、尽力の読み方としては、「じんりょく」と読みます。

    尽力の使い方

    相手の努力に感謝する

    相手の協力に感謝したい時には、下記のように使います。

    • ご尽力頂きありがとう御座います。
    • ご尽力を頂き心から感謝申し上げます。
    • 平素よりご尽力を賜り、感謝申し上げます。

    自分で使う

    自分で使う時は、下記のように使いましょう。

    たとえば、会社の社長から「これをお願いできないか」と言われたら、「尽力させて頂きます!」とさらっと返せると良いですね。

    • 一同、尽力させていただく所存です。
    • 誠心誠意尽力して参りたいと存じます。
    • 精一杯の尽力をさせていただきます。
    • 尽力を惜しまない。
    • 尽力に努めたい。

    その他

    ニュースなどでは以下のような表現で利用されています。「このようなことに頑張ってきた人」や「力を注いでいること」を表現する時に使われます。

    • 日本のTPP早期参加に尽力
    • 憲法の口語化に尽力
    • パンダ借り受けに尽力

    類語

    • 努力
    • 助力
    • 頑張り
    • 手を尽くす
    • 献身する

    重複表現&間違った敬語に注意

    「尽力を尽くします」という表現は「尽くす」という表現が重複してしまいます。「頭痛が痛い」「馬に乗馬する」と同じ重言表現となりますので、使わないようにしましょう。

    「ご尽力させて頂きます」は、自分でする行為に「ご」をつけることになるので、一般的な表現ではありません。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人