\ フォローしてね /

煮込み時間大幅短縮!圧力鍋を使った煮込みのやり方

圧力鍋を使って煮込み時間を大幅に短縮させる煮込みのやり方を「牛すじと大根の煮込み」を例に説明します。

通常であれば数時間煮込む必要がある「牛すじ」も圧力鍋を使えば半分以下の時間でやわらかくなります。

煮込みとは

煮込みとは、食材をたっぷりの煮汁で長時間弱火で煮る調理法をいいます。

時間をかけて食材をやわらかくし、味をしみ込ませていく「煮込み」という調理法ですが、圧力鍋を使えば少ない煮汁と短い時間で同じように仕上げることができます。

材料(5人分)

  • 牛すじ・・・600グラム
  • 大根・・・1本
  • 醤油・・・大さじ5
  • みりん・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 水・・・400cc

作り方(調理時間:30分)

STEP1:大根を切る

大根は2センチくらいの幅に切ります。

煮崩れやすい食材は、厚めに切っておくのがおすすめです。

STEP2:牛すじを下茹でする

沸騰したお湯で牛すじを5分ほど茹でます。

下茹では肉の臭みをとるために行います。モツやレバーなどの煮込みを作る場合も下茹でをして臭みをとっておきます。

STEP3:牛すじを水で洗う

茹でた牛すじを水で洗います。

STEP4:材料を全部圧力鍋に入れる

材料を全部圧力鍋の中に入れます。

煮汁は具材の半分くらいまでの量になるようにします。

STEP5:煮込む

圧力鍋のふたをしっかり閉めたら、火にかけます。

強火で煮込み始め、シュッシュという音がしてきたら弱火~中火にして20分間煮込みます。シュッシュという音がしてきたら圧力がかかっている合図です。

火加減や煮込み時間は、食材によって調整します。肉の塊など火の通りにくいものであれば30~40分煮込み、かぼちゃやじゃがいもなどの野菜類は5分以内でOKです。

STEP6:蒸らす

加熱が終わったら火を止め、ふたをあけずに10分くらい蒸らします。蒸らしている間も鍋の中は高温なので、調理が進行します。

蒸らし時間は、どの食材も10分くらいを目安にしておくといいでしょう。

STEP7:鍋の中の圧力が下がるのを待つ

調理が終わったら、シュッシュという音がしなくなるまで放置します。音がしなくなったら、減圧された合図なのでふたを開けます。

ふたのおもりを引き上げて蒸気を逃がし、強制的に減圧する方法もあります。

STEP8:完成!

約30分で牛すじと大根がやわらかくなり、味もしっかりしみこみました。

圧力鍋で煮込むときの注意点

  • 材料と煮汁が圧力鍋の深さの3分の2を超えないように入れてください。
  • 加熱中はふたを開けることができないので、加圧時間や蒸らし時間は時間を計っておきます。

さいごに

圧力鍋を使った煮込みのやり方をご紹介しました。少ない煮汁と短時間で煮込みができるのが、圧力鍋の良いところです。

圧力鍋の使い方をしっかり守り、おいしい煮込み料理を作っていてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。