\ フォローしてね /

転職回数が多くても大丈夫!内定を勝ち取る成功の秘訣

一般的に転職回数が多いことは、採用に当たって不利だと言われています。それでは、実際に転職を繰り返している場合、希望の転職を叶える方法はないのでしょうか?

そこで、転職回数が多い人でも内定を勝ち取る成功の秘訣をご紹介します。

本記事は、マイナビ転職のご協力により、2013年に執筆されたものです。

企業が感じる転職回数が多い人のイメージ

20代は3回30代は3回以上で「転職回数が多い」という印象を持ちます。

転職回数が多く、それぞれの就業期間が短いと「腰を落ち着けて仕事に取り組む意識がないのかな」と感じる企業もあります。

前職の退職理由をきちんと説明できれば、マイナス評価にならないことも。

転職回数が多くも魅力的な人材とは?

採用する企業にとって、転職回数が多くても魅力的な人材とはどんな人物でしょうか。

  • 過去の職歴で得た経験やスキル・学んだことを自身の言葉でアピールできる人
  • 今までの経験を志望する仕事でどのように生かせるかを説明出来る人
  • 自分が「できること」を認識し、「やりたいこと」を具体的にイメージできている人
  • 環境適応力が高く、メンバー・上司・クライアントとのコミュニケーションが円滑にできる人

上記の特徴に当てはまる人物は、企業に欲しいと思われる魅力的な人材と言えるでしょう。

転職回数が多くても採用されるコツ

転職回数が多くても、以下のポイントを満たしていれば採用される可能性が高いでしょう。

  • 応募している仕事に必要なスキルがある
  • コミュニケーション能力が優れている
  • 転職の理由に目的意識があり、明確である

どうしてもスキルや経験が乏しい場合は、未経験を積極的に採用している業界や職種、転職回数にさほどこだわらないIT業界や外資系企業など、転職しやすい業界・企業に応募するのも賢い選択です。

加えて、「今度こそ腰を据えて仕事をする」という決意をみせることが大切です。

おわりに

想定される質問について念入りに対策し、仕事に対する姿勢や熱意をアピールしましょう。そうすれば、きっと新たな仕事につながるはずです。

転職活動をしている方は是非、参考にしていただければと思います。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。