\ フォローしてね /

渓流釣りに出かけよう!渓流釣りの基礎知識と魅力

渓流釣りとは

釣りについては、誰もが聞いたことがある趣味ですよね。釣り人口は多く、世界的にも広く知られた趣味です。

今回ご紹介する渓流釣りは、釣りをやったことがある人でも、あまり知られていない種類の釣りです。渓流釣りはその名前が示すように、渓流で行われる釣りのことを示します。

渓流という言葉をインターネットで調べると、河川の上流域の流れの速い部分であったりしますが、その範囲は広く、本流、支流、源流、湖沼等など様々です。そのような渓流で魚を釣ることを渓流釣りといいます。

渓流釣りで釣れる魚の種類

渓流という定義が幅広いため、釣れる魚も色々あり、ヤマメ、イワナ、ニジマス、ヒメマス、トラウト、ヤマメなどがあります。どの魚も清流を好み、美しい形をしており、食べるのと美味なものばかりです。

特にイワナは、幻の魚と言われ、ウロコに斑点があるのが特徴で、食べても美味ですね。

魚の釣れる場所・季節

  • 本流ではヤマメ、ニジマスが釣れることがあります。
  • 支流ではヒメマス、イワナが釣れることがあります。
  • 湖沼はニジマス、トラウトが釣れることがあります。

どの魚も川や湖沼の中にある岩の影に隠れていたり、流れが少し緩やかなところに潜んでいます。

またどの魚にも釣れる時期はありますが、渓流釣りでは釣りができる期間は漁業組合が決めますので指示に従って釣りをしてください。

魚を釣るために必要なウェア、道具類

本流でヤマメ、ニジマスを釣る場合

上着は渓流ベストと言われるポケットが沢山ついたベストを来て、ズボンは水に入る機会が少ないのでジーパンで構わないでしょう。

ヤマメ、ニジマスを釣る方法は、餌釣りやルアー釣り、フライフィッシングがあります。

支流でヒメマス、イワナを釣る場合

帽子をかぶり、上着は渓流ベストを着て、ウエーダーと呼ばれるウェットスーツに似たズボンを履きます。

支流に行くために山野に分けいる必要があり、登山に近い状態になりますので、レインウエアやグローブ、ロープなどが必要になることあります。

ヒメマス、イワナを釣る方法は、餌釣りやルアー釣り、フライフィッシングがあります。

湖沼でニジマス、トラウトを釣る場合

本流で釣りをする場合と同じと考えてください。

釣り方の種類

餌釣り

仕掛けと言われる浮きやオモリ、針を竿に付けて、針に餌を付けて釣ります。餌は川虫やミミズ、イクラなどがあります。

餌釣りは原始的だと思われがちですが、魚がいる場所に的確に仕掛けを投げ入れないと釣れませんし、浮と針の関係や針の大きさを変えたりと色々楽しむことができます。

ルアー釣り

リールと呼ばれる糸を巻く道具を竿に付け、ルアーと呼ばれる針が付いた疑似餌を糸に付けます。ルアーを竿で遠くに投げてリールで巻き取り、動くルアーを餌と間違えて魚が食いつき釣れます。

フライフィッシング

ルアー釣りと似ていますが、道糸、リール、竿は専用のものを使い、フライと呼ばれる針が付いた疑似餌を使います。

渓流釣りのポイント・魅力

筆者は本流、支流での渓流釣りでイワナ、ニジマス、ヤマメ、ヒメマスをルアー釣りと餌釣りで狙いうことが多いですね。

ルアー釣りは疑似餌で魚をだます釣りなので、いかにルアーを逃げ惑う魚に見せるが釣れるポイントになります。そのためには、リールの巻き取りスピードや竿の引き具合を調整しなければならず、そのへんが腕の見せ所という訳です。

特にニジマス、ヒメマスは引きが強く、食いつきも豪快なので、釣りの醍醐味が得られて感動が大きいです。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。