\ フォローしてね /

使いやすくてすっきり片付く食器の収納方法

食器は毎食使うものだから、使いやすいのが一番です。使いやすくするためにはやはり収納を工夫しなくてはなりません。

ここでは、そんな使いやすくてすっきり片付く食器の収納方法を紹介します。

収納をごちゃごちゃさせないコツ

使用頻度の高いものは、なるべく手前側に置くようにします。そうすることで、使いやすく、収納しやすくなり、結果雑にしまうこともなくなり、ごちゃごちゃしません。

食器をすっきりさせるコツ

引き出しで分けて収納する

著者の家ではシステムキッチンの引出しを2つ使い、食器を収納しています。

食器のジャンルを分けて収納する

まずは上の引出し。厚みがあるので食器の収納には最適でした。

ここには、食器をジャンルに分けて収納します。どんぶりはどんぶりで重ね、茶碗は茶碗で…という要領で小さいものを一番上にして、重ねて収納します。

ジャンルごとに分けることで、どこに何があるのかが分かるので、使うときもさっと取り出せます。そしてほぼ大きさが揃っているので、見た目もきれいに収納できます。使用頻度の高い食器はここへ収納します。

日頃使わない食器は下の引出しへ収納する

日頃使わない、来客用茶碗、グラタン皿、大皿などの使用頻度の低い食器は下の引出しへ収納します。

このときも重ねて収納します。

収納のポイント

収納のポイントは、頻繁に使う食器と、そうでない食器を分けることです。こうすることで、あれこれ考えて食器を出し入れする手間が省けます。

さらに、食器の大きさやジャンルを分けて収納することです。そうすることで、収納するときにすっきりとし、食器の出し入れをするのが楽になります。

収納の注意点

食器が入っているので、扉の開け閉めは、力を入れずに行いましょう。

システムキッチンの扉でなくても、このシステムキッチンのように、全オープンになり、収納全体が見渡せる収納がおすすめです。

おわりに

今まで使った食器の収納の中でも、システムキッチンを食器の収納にする方法が一番気に入っています。その理由は、調理台のすぐ下にあるので使いやすく、移動する手間が省けて便利だからです。できた料理もすぐに盛り付けできます。

システムキッチンでも深さもある引出しは、食器の収納におすすめです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。