\ フォローしてね /

定番料理!サバのみそ煮で説明する、みそ煮のやり方

筆者は焼き魚に飽きた時、いろいろな魚でみそ煮を作ります。みそ煮と聞いて一番に思い浮かぶのはサバではないでしょうか。今回は定番中の定番料理で「みそ煮」の調理法をご紹介します。

筆者が作るサバのみそ煮は、まず調味料で煮てから最後にみそを加えます。そうすることで味がつきやすくなります。

みそ煮とは

みそを用いた煮物のことで、くせの強い魚や野菜などの食材を使います。「みそ炊き」ともいいます。

食材例・・・サバ・イワシ・コンニャク・里芋

材料(2人分)

  • サバ・・・1切れ(小さいもの2切れでも可)
  • しょうがのすりおろし・・・20g(チューブでも可)
  • 水・・・カップ1
  • 砂糖・・・大1
  • 酒・・・大2
  • みりん・・・大1と1/2
  • 醤油・・・大1/2
  • みそ・・・大1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:サバを切る

サバを2等分に切り、皮に切り目を入れます。

切り目を入れることで味が中までしみこみやすくなります。

STEP2:煮汁を作る

鍋に水・砂糖・酒・みりん・醤油を入れて強火で煮立てます。

STEP3:サバを入れる

サバを皮を上にして鍋に入れます。再度煮立ったら、中火にして灰汁を取り、3分ほど煮ます。

この際、スプーンで煮汁を皮の上に3回ほどかけます。1分ごとに1回かけて、皮をしんなりさせてください。

STEP4:みそを加える

みそを煮汁でときながら鍋に加えます。

STEP5:煮る

落としぶたをして中火で8分ほど煮ます。

ここでも途中で煮汁を2回ほど皮にかけます。煮始めてから5分くらいでかけるのがちょうどよいと思います。すでに皮面にも火が通っているので最後の味付けをする感じです。

STEP6:水を飛ばしながら煮る

落としぶたをとり、水分を飛ばしながら2分ほど煮ます。その後しょうがを加えます。

しょうがはまずサバの上に置いてから煮汁に溶かすと、サバの表面にも香りがついておすすめです。

完成

食器に移したら完成です。

さいごに

いかがでしたか。みそが魚のくさみを隠して美味しくいただけます。他にもいろいろなお魚で試してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。